太陽光の買取終了を国が検討している!固定買取は続くの?

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

衝撃の記事が出ました!

これは太陽光発電を搭載している全ての家庭の方に関わっていることなので、しっかり読んでください!!

 

太陽光発電の電力を買取終了を検討

 

経済産業省が、太陽光発電など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の終了を検討していることが12日、分かった。つくられた電気の全量を一定価格で電力会社が買い、費用を電気料金に上乗せする仕組みで消費者らの負担が増したことに対応。再生エネ拡大と負担軽減が両立するような新制度をつくる方向で議論を進め、2020年度の法改正を目指す。

 制度は12年に開始。特に太陽光発電の拡大に貢献し、18年末の再生エネの設備は制度導入前の約2.2倍に拡大した。

 一方、電気料金に上乗せされる「賦課金」は19年度で約2兆4千億円に上り、一般的な家庭で月767円の負担となる見通し。

(出典 共同通信

 

そろそろ覚悟をするべき

 

僕たちはそろそろ覚悟しておかないといけません!!

 

太陽光発電で発電しても買い取ってくれない可能性です!

 

現在は10kw以上搭載で20年間、10kw未満で10年間売電価格が固定されています。

 

我が家の場合は、中国電力と10年間買取価格が固定されています。

共同通信に書かれていた記事は新規契約の場合は買い取らないということだと思われます!!
ですので当面は電力を買い取ってもらえると思います。

今後どうなるのか

 

企業と契約しているため、とりあえずは買わない!ということにはならないと思われます。

 

しかし、後々には企業も買い取ってくれない可能性があります。

 

そうすると自家消費していく方向に向かわないといけなくなりますね。

 

太陽光発電導入には儲かる気持ちは捨てるべき

以前からお伝えしていますが、
太陽光発電は儲かると思って導入しないこと!!
太陽光発電でこれぐらいローン支払いが楽になりますよ!という営業を信用して太陽光発電を搭載した人は多いと思います。
こんな状況で太陽光発電の買取を止められたらローン支払いが大変になりますよね。
最初からローン支払いと太陽光発電の売電は分けておくべきですよ。

おわりに

 

太陽光発電の買取を始めた理由は地球の環境を考えてのことです。

あくまでも暫定的な政策であったと思わないといけませんよね。

再エネ賦活金も支払わなくて済むようになるんですかね。

 

我が家の場合はまだ買取期間が残っているので、電力会社に買い取ってもらえることを祈るばかりです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA