男性が育休をとったら報復する会社があるらしい!カネカのパタハラ問題

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

パタハラとは

 

パタハラとは…

パタニティー・ハラスメントの略です。パタニティーは英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。

 

つまり育児に参加しようとしても嫌味を言われたり、報復人事をされたりすること全般をパタハラといいます。

ちなみに、女性の場合は「マタハラ(マタニティー・ハラスメント)」といいます。

 

育休が取れない国

 

男性の育休を推進しようとなっていても現状なかなか取得率が低いままですよね。

育休がとれる男性は全国でわずか6%しかいないんです。

一方育休を望んでいる男性は80%にも達するみたいです。

いかに男性が育休を取りにくい国か分かりますよね。

 

 

僕も妻の産後に長女ヨシミの子育てのために有休などで育休をとりました。

 

育休を取ること自体は政府も推進しています。しかし、マンパワーの不足などを理由に容認してくれる会社は少ないです。

僕自身も育休をとるのに各関係者に話をしにいって了承をいただきました。

 

ヨシロー
いい顔されませんでしたけどね!

 

もっと日本が子育てしやすい環境を整えてくれたら休む必要もありません。自分たちが休まないと誰も助けてくれないんです!

 

日本の会社は育休に対して消極的

 

日本という国は男性の育休に対して良しとしない風潮があります。

そんな中、「カネカ」という会社が育休をとった社員に対して報復人事をしたという情報が!!

パピさんという方のツイッターから画像転用しています。

育休をとった男性社員を無理矢理に転勤させようとしたんですよね。

育休明けの2日後に転勤の内示がでたみたいんですよ。これって明らかに育休を取得に対する報復ですよね!?

 

あり得ないですよ!!

 

子供たちも4月に保育園が決まったばかり、奥さんも2週間後には職場復帰の予定だったんですよね…2歳と0才という年齢は僕のとこと同じなので他人事ではありません!!

 

結局会社は育休する男性を不必要と思っている

 

「俺たちの時代はこうだった」という老害的な考えが未だに蔓延しているのでしょうね。

 

会社に尽くせ!

 

こんなことを考えている世代も多いでしょう。

 

でも会社は終身雇用してくれるんですか??

そんなことないですよね!?

大手企業が45歳でリストラするということも報道されています。

 

会社に尽くしても何もしてくれない。尽くしていて育休をとったら転勤させられる。

上場企業のカネカという会社でこんなことを行なっているんです。

 

とんでもないブラック企業です。

 

ブラック企業には御用心

 

育休をとらせてくれない、育休もとらせてくれない、辞めるタイミングを勝手に決めさせられる…

こんな会社は絶対に入らないでください!

 

「カガクでネガイをカナエル会社」

 

こんなキャッチコピーがあるのに社員の夢や希望は蔑ろにしているんです。

 

こんなブラック企業が早く日本からなくなることを願っています。

 

おわりに

 

こんなことは氷山の一角だと思います。法的手段をとるとも言われていますので、今後の展開は注視しなければなりません。

今回被害に遭われた方は一刻も早く落ち着かれて生活を送れることを願っております!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA