保育園無償化でも給食費、遠足代は無料になりません!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

保育園、幼稚園が2019年10月より無償化になります。

しかし、これには落とし穴があります!!

 

注意してほしいのが…

 

給食費、送迎バス代、遠足代は別で支払う必要があるんです!!!

 

これを知らない方が多くいるんです。

 

今回は保育園、幼稚園の無償化のおさらいをしていきたいと思います。

 

保育園、幼稚園無償化のおさらい

 

開始は2019年10月

正式名称は「幼児教育・保育を無償化するための改正子ども・子育て支援法」

 

長々しいので保育園、幼稚園無償化といいますね…

 

2019年5月10日に参院本会議で可決されています。

 

無償化の対象は

・すべての3~5歳児

 

・住民税非課税世帯の0~2歳児

 

計約300万人と言われています。

 

 

認可保育園や認定こども園などの利用料は全額無料となる。

 

 

認可外保育施設や、ベビーシッターなども対象になります。

ちなみに認可外とは、認可施設よりも職員の資格や設備の基準が緩い施設のことです。

 

認可外の場合は補助額に上限があり、3~5歳児が月3万7千円、0~2歳児は月4万2千円。認可外施設で国の指導監督基準を満たさない場合でも、5年間は対象となる。

 

 

保育園、幼稚園無償化の注意点

給食費は支払う

保育園、幼稚園に欠かせない給食費。

これは無償化から除外されています。

現在、幼稚園は実費、保育所は一部が利用料に含まれ、施設によっても違いがあります。

この度の決定では、全て保護者の実費負担とすることで扱いを統一しています。

食事、おやつに関しては生命に関わることなので、絶対支払う必要がありますよね。

 

送迎バス代は支払う

送迎バス代も無償化から除外されています。

送迎バスに関しては、保育園よりも幼稚園に通わす世帯が多く支払う必要があるかもしれませんね。

送迎バス自体は親の負担を考えればとても助かりますよね。

バス代を削るために自分たちで送迎するしかありませんね。

 

遠足代も支払う

これも全施設対象にはならないかもしれません。

遠足などで友達と思い出を作ってほしいと思うのは親の当然の願いです。

これもキッチリ支払う必要がありますね。

 

完全無償化ではないということ

 

無償化になって喜んでいましたが、結局のところ

 

全部無償化は難しい

 

ということですね。

 

よく考えれば、オムツ代や布団代、前掛けにお洋服代など…

 

保育園、幼稚園に通わすためには園料以外にお金がかかるんです。

 

これらを忘れて、無償化を手放しで喜んでいた自分が情けないです。

 

おわりに

 

今回保育園、幼稚園無償化が決まったことで、2019年10月からの増税は避けられそうにありませんね。

 

ヨシロー家では、2人の子供がいますが、保育園、幼稚園無償化の恩恵を受けれそうです。

 

しかし、増税に際して支出が多くなると思われますので、より一層節約していかなければなりませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. nao2 より:

    こんにちは

    日本国憲法第26条の義務教育の無償に準じているんだと思います。
    憲法の無償は授業料に限定され、それ以外(教科書については別の法律で無償)は受益者負担となります。

    個人的にいつも思っているのは、国策でありがちな子育て支援策にお金をばら撒くのではなく、子どもが必ず通う小中学校の給食費を免除させるほうが効果があると思っています。

    本来学校に払うべき教材費や給食費を滞納させて、高級車に乗っていたり携帯料金はちゃんと払っている人も多く存在するからです。
    優先とするべきところに国として手当てすべきと思いますね。

    • yoshiro より:

      nao2さん、こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます(^^)

      その憲法は知らなかったですね!勉強になります!!

      たしかに給食費滞納の件については僕も思うことがあります。
      支払い能力があるのに、学校側に押し付けようとする親がいますよね。
      その法律でいえば全く論点が間違っていますし、そういう親に対して法的な手段ってとれるんですかね??

      そういう姿を子供には見せたくないですね!

      • nao2 より:

        滞納する親に対してこれまでの行政は、子どもに対する教育的配慮という観点で及び腰になっていたのですが、このことを逆手にとってなのか悪質な滞納が増えたことで、自治体によっては法的対応を取るところも出ています。

        現金で給食費を集金していた時代は、親が滞納すると子供の間ではっきりとわかるので、それに不憫な思いをさせたくないという思いから給食費をなんとしても払うという時代背景が、いつしか口座振替と親の価値観が変わってしまったことによってこんなに変貌してしまったのかなと考えています。

        • yoshiro より:

          結局気兼ねして色々動いていなかったのですね…
          子供の教育背景ってよく分からない事柄ですよね…
          きちんと払っている世帯が損するような時代ですね。

コメントを残す

CAPTCHA