育児に悩む父親に読んでほしい話

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

先日長女のヨシミが2歳を迎えました!

 

無事にここまできてくれて良かったなという思いです。

 

長女に関する記事はこちら

https://yoshiro-ie.com/2018/12/04/長女は低体重で生まれる/

あんなに小さかった子がこんなに大きくなるのかと思ってしまいます。

 

今回は子育てに対して思ったことを記事にします。

 

子供を一人育てるのは大変

見出しにも書いてある通り、子供を一人育てるのはとても大変です。

日中妻一人で育児をしているので本当にすごいと思います!!

 

会社で仕事している方が楽です。(個人的意見)

 

 

なぜ大変なのか?

 

 

子供は大人のように決まった行動をしないからです。

 

突然走り出したり、突然暴れたり…

 

予測不可能なことが多いんですよね。

 

意思伝達もまだ上手に行えないので、こちらが理解してあげられないこともたくさんあります。

 

こうしたコミュニケーションの部分であったり、普段の生活の動作一つ、一つにとても神経をつかうんです。

 

これが毎日繰り返し行うわけなので、子育てノイローゼになる方の気持ちも痛いほど分かります。

 

 

子供を育てるには会社の理解が必要

長女と次女の出産時には会社の特別休暇や有休を取得させてもらっています。

 

 

しかし、会社によってはそれすら認めない会社も多いです。

 

 

そして、社員同士でもその行動を良しとしない人もいるんですよね。

 

まあいわゆるブラック企業です。

 

とは言っても自分がしていた仕事を誰かに振り分けないといけないので、他の社員の理解は必要です。

 

みんな有休を取得できたらいいんですが…

 

父親として社会人として思うこと

 

長女が生まれて2年が経ちました。

 

あんなに小さかった我が子が成長する過程はこの時しか見られないんです。

 

そうした生活の中で父親自身も、手際が悪かったオムツ交換や抱っこなども成長してくるんです。

 

娘2歳父親2歳

 

なんです!!

 

僕が一人前の父親になった時には娘も大人になっているんですよね。

 

だからこそ一緒に成長していきたいんです。

 

子供が生まれてわかったことは

 

自分以上に大切な存在ができたことです!!

 

みなさんにもそんな想いがあるのではないでしょうか??

 

独身の時にはそんな想いが芽生えるとは思いませんでした。

 

社会では子供より優先しないといけないことがたくさんあり、家庭と仕事の間で悩む方も多いでしょう。

 

でも本当にそれでいいのでしょうか??

 

 

目の前にいる小さな子供。

 

たった2300gで生まれてNICUでチューブを体中に挿入されてたあの子はこんなに大きくなっています。

 

その子をギュッと抱きしめてあげる時間はとても短いのです。

 

自分の仕事が落ち着き、ギュッとしたくてもその時には子供は自分から少しずつ離れていってるんです。

 

もう一度考えてみてください!

 

仕事はとても大事です!

家族を養っていくにはとても必要です!

 

でも今この子達よりも大切なものってあるんですかね。

 

おわりに

 

仕事と家庭の両立って本当に難しいです…

 

社会全体で子育てをしやすい環境、仕組みを作っていけるのがベストではないでしょうか?

 

現状では父親が子供と向き合う時間はやはり短いです。

 

こうした世の中が少しでも変わっていけたらいいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA