ZEH住宅の電気代(2019年4~6月)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

2019年4~6月の電気代を発表したいと思います。
今年は4半期に分けて発表の予定です。

 

2019年1~3月の太陽光発電、電気代はこちら↓

2018年の発電量、電気代はこちら↓

 

ヨシロー宅のスペック、電気プラン

スペック

ZEH住宅ですが、Heat20 G1の最低レベルです。

なんとか高断熱住宅といえる程度ですね。

サッシは低性能のサーモスⅡ-Hです。

ヨシロー宅では太陽光パネル搭載量が10kw未満であり、余剰買取制度が適応になります。
余剰買取は、太陽光発電を住宅の使用電力に使って、余った電力を電力会社に売電して収入を得ることです。

 

電気プラン

オール電化のため、電気プランは中国電力の電化styleです。平日の日中は電気料金は高めに設定されています。

太陽光発電とオール電化との相性は抜群です!

日中電気を使用しても、太陽光発電により相殺できるんです。

エアコンの使用方法

冷暖房の使用方法に関しては、基本的に夏冬は24時間運転を実施しています。

夏場は2階エアコンを冷房24時間、冬場は1階エアコンを24時間暖房ONにしています。

 

その他

・妻、子どもは日中在宅
・外食はほとんどせず、ご飯は基本的に家で作っています。

 

売電、買電金額

 

金額の発表です。
※中国電力は前月中旬~当月中旬の売電金額を計算をしています。つまり今回は3月中旬~6月中旬の金額です。

 

4~6月期の総括

 

売電金額が1~3月期と比較して大幅にUPしています。今年は太陽光発電量も増えており、とてもありがたい結果になっております。

 

この時期はエアコンを使用しないため、電気代が抑えられています。

 

ここで重要なのは我が家の場合、日中妻と次女が在宅しているということです!

 

日中不在で、夜間のみ在宅の場合は売電金額が上がりやすい傾向にあります。太陽光発電中に電気を使用しないため、ほぼ発電した電気が売電されているんです。

※太陽光発電搭載量10kw未満の場合

 

また、日中の電気代は夜間よりも高めに設定されているため、曇りや雨の日の場合は買電金額が上がってしまうんです。

 

つまり日中人がいる環境下では売電金額が下がるし、電気代が高くなりやすいんです。

 

その状況下でも5月、6月期は5000円後半から6000円で済んでいます。

これはオール電化による恩恵が大きいですよね。

 

 

日中在宅してても、エアコンを24時間使用していても、年間通してゼロエネを達成できているというところにZEHの意義があります。

 

 

ZEH住宅を建てたいと思っている方!

ヨシロー宅を家族4人暮らし、日中は妻、子供が在宅していて、外食が少なく、自炊メインで生活した場合のモデルケースとして参考にしてもらえたらと思っています。

 

おわりに

 

2017年、2018年に引き続きゼロエネ達成をするために2019年の半年時点としては最高の結果ではないでしょうか。

 

ちなみに2018年の1~6月期の売電は7万2369円、買電が6万1409円でした。

 

2018年よりは売った電気も買った電気もそれぞれ増えていますが、この調子であればゼロエネ達成できそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. nao2 より:

    おはようございます。

    いつもながら見事なパフォーマンスですね。
    しかも、昼間にご家族が在宅していてこれだけの光熱費なら十分すぎるくらいだと思います。

    ヨシロー邸の光熱費データに我が家のガスの基本料、冬場約4,500円、冬場以外を約2,500円足してみると、ヨシロー邸と似通った感じになるのでやはり基本料がネックになっているのがよくわかります。

    • ヨシロー より:

      nao2、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      日中在宅していても特に我慢することなく、この光熱費であればZEHとして十分に能力を発揮してくれていると思います。

      ガス代の基本料金を上乗せすると同じような金額になるのであれば、ガスと電気の単価はほぼ同じということですかね!?

      今後電気代高騰した場合は、ガス料金の方が安くなるんですかね…その辺りは調べたことがないのでちょっとした疑問です。

コメントを残す

CAPTCHA