湿度が高い時はエアコンとサーキュレーターで湿度コントロール!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

梅雨の時期って湿度が高くなってとても不快ですよね。

どうしたら手軽に、快適に過ごすことができると思いますか?

 

結論から言うと…

 

エアコンの除湿機能を使うのが一番良いです!!

 

エアコンは除湿器と比較すると広い部屋にも適しています。それに戸建ての場合はエアコンとサーキュレーター1台ずつあれば1階、2階両方とも湿度を下げて過ごしやすくしてくれるんです。

ポイント
記事の後半で1階のエアコンで2階の湿度コントロールをする実験をしていますので、最後まで見てね。

 

除湿の方法

そもそもエアコンの除湿には「弱冷房方式」「再熱除湿方式」があります。

 

三菱電機の霧ヶ峰は再熱除湿方式になります。

 

 

<弱冷房の特徴>

メリット デメリット
電気代が安い 湿度設定が出来ない

除湿が十分に行えない

湿度の細かい設定は出来ません。温度を1~3℃程度下げますが、除湿は十分に行えません。

 

<再熱除湿の特徴>

メリット デメリット
湿度設定が行える

温度が下がりすぎない

電気代がかかる

湿度設定ができるため、除湿能力が高いです。

 

 

ヨシロー宅では2階主賓室に富士通の安いエアコンを設置しています。

弱冷房方式ですが、全く効き目がありませんよ!!!

 

 

ヨシロー
点けるだけ無駄です

 

 

湿度コントロールの実験を考えた

 

どうにか1階エアコンで2階の湿度コントロールが出来ないかと考えていました。

そこで、サーキュレーターを使用し2階の湿度コントロールを試してみることに!!!

 

実験方法

1階エアコンのみ除湿機能にして、サーキュレーター1台回して2階の湿度計の変化をチェックします。

 

実験時間

24時間です!!

 

朝起きて温湿度計の履歴をクリアしたら、その瞬間から24時間後の湿度を測定します。

 

測定場所

写真左側の2階主賓室です。

主賓室では4人で寝ているため、湿度が上がりやすい状況なんです。

 

雨の日は屋外湿度が90%を超え、そんな日は朝起きた時には湿度が70%になっています。

 

実験開始

霧ヶ峰の設定を除湿70%にしました。

60、50%と湿度設定が出来ますが、湿度が下がりすぎて寒くなりますので70%で設定しています。

階段下にはサーキュレーターを設置。

2階に向けて弱運転を行います。

 

エアコン、サーキュレーターは24時間は設定を変更していません。

 

ちなみにサーキュレーターはアイリスオーヤマを買いました。風力が違います!

 

結果発表


スタートが72%で開始して、終了時には61%になってました。

 

湿度を10%下げることができたんです!!!

 

もっと湿度を下げようと思ったら、除湿設定が60%か50%で行うと良いです。

 

考察

 

湿度を含んだ空気は軽くなり、上部に溜まっていきます。

 

今回の実験は、

リビング階段を通じて乾いた風を2階に上げ、湿気を含んだ空気を1階で除湿する仕組みです!

おさらい

手順① 1階のエアコンを除湿設定にする。

手順② 階段下にサーキュレーターを上向きに設置する。

手順③ あとはそのまま過ごすだけ。

 

冷房と除湿による電気代と効果も気になるとことですよね。その時はこれを読んでください。

 

冷房機能であれば2階エアコンのみ使用して1階まで冷やすことは行われてますが、1階のエアコンで2階の湿度コントロールする記事はないですよね!

みなさんも参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA