有馬温泉の旅館で残念な対応をされた話!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

今回旅館に泊まる機会があり、その時にあった出来事を記事にします。

内容については旅館に直接連絡し、これからは気を付けていただきたいことを伝えています。

また、ブログに掲載することを旅館より了承してもらっています。

 

グチ中心の記事になることをお許しください…

 

 

旅行で温泉地へ

 

この度、関西方面へ家族旅行に行きました。

有馬温泉に行ってみようとなり、ある旅館を予約しました。

「古泉閣」という旅館です。

 

インターネットで確認しても、かなり良さそうな印象でした。



金額は家族4人(子供が2歳と0歳)で1泊5万5000円

 

「結構高いな…」

 

でも1年に1回なので奮発しました。

 

移動は広島からは距離もありますが、小さい子供もいるので車で移動することに。

4時間ほどの道のりを運転しました。

 

旅館に到着した時にはヘトヘトでした。

 

「早くおいしいご飯を食べて、温泉に浸かりたいな」

と思っていました。

 

フロントまでのアプローチがとても綺麗で、この旅館を予約して良かった!とその時は思いました。

 

旅館での出来事

 

フロントで出迎えてくれた方の中に高齢(60歳代?)のスーツを着た方がいました。

おそらく役職が上の人だと思われます。

その方は立ったままテーブルに肘をついて寄りかかったまま挨拶をしてきたんです。

 

…え?

 

若いフロントの方はきちんと挨拶してくれているのに…この方の態度はどうなの?と思いました。

 

部屋まで案内され、仲居さんが登場!

20歳代ぐらいの方でした。

「若いけど大丈夫かな?」って思いましたね。

 

一通りの説明後に

妻のヨシコ  「ポットに水が入ってないんですが?」

 

仲居さん  「洗面室の水を入れてください。水は飲めますので」

 

 

うーん…

自分の家で洗面室の水を入れて飲みたいと思いますか?

 

そりゃ水道水であればトイレの水だって飲めますよ!!!

 

でもここは旅館ですよね??

 

最初の水は準備しててほしかったです。

 

 

夕食はとても美味しく、子供もバクバク食べていました。

 

その後布団を敷きに来ました。

おそらく10代の方。バイトなのかな??

 

布団を引きずって部屋の中に運んでいました!!!

 

ヨシコ  「布団を引きずって持ってきてたけど…そんなことある!?」

 

僕達がいないならまだしも、目の前であんな雑に布団を運んでいるのを見て「気持ちいいな」って思いませんよね!!

 

子供も落ち着いたので温泉に行くことに!!

しかし、廊下が寒い寒い!!!!

 

最低気温が1℃になっているのに暖房は点けていないんですかね?

脱衣所も狭いし、寒いんです!!!

せめて脱衣所ぐらいはしっかり暖房点けましょうよ!!

ヒートショック予防を全く考えていないことに腹立たしくなりました!!

 

 

朝ごはんは湯豆腐が出てきました。

子供分もあり、嬉しかったです。

燃料に火をつけて、

 

仲居  「火が消えるまでお待ちくださいね」

 

と言って子供の手が届くところに置いたんです!!!

 

ヨシロー  「子供が触ると危ないので、場所を変えてくれませんか?」

 

仲居  「あ、すみません」

 

湯豆腐の位置を変えるどころか、すみませんと言いながら準備の手を止めないんですよ。

 

夫婦ともに子供を抱っこしていたんですが、仲居さんは全く移そうとしてくれませんでした。

しびれをきらして僕達で位置を変えました。

 

旅館に対して思ったこと

 

金額が高いからと言ってサービスが良いわけではないんですよね。

 

確かに日本はサービスを過剰にしている気がします。外国であればチップを渡さないとサービスが落ちますしね。

 

でも旅館の場合、サービス料金が含まれています!!

ということはある程度はしっかりとした対応をしてほしいわけです。

 

この度は目についたのが若い職員でした。

しかし、この方々がこういう対応をしているのはきっと上の立場の方がきちんと教育をしていないことが原因と思います。

 

フロントにいた高齢な職員があのような態度をしている旅館では、これ以上を求めるのは酷なのかもしれませんね。

 

おわりに

 

仲居さんは子供に対して話しかけてくれたりと、とても好印象でした。

そのため、上記のようなことが

「もったいない!!!」

と思いました。

 

旅館としてもっと良くなってほしい!と思い、旅館にも話をさせていただきました。

 

でも僕達は2度とこの旅館には泊まることはないでしょうね…

 

 

みなさんは予約の際は旅館選びに気を付けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. nao2 より:

    ヨシローさん、おはようございます。

    せっかくの楽しい家族旅行だったのにちょっと残念な思い出になってしまいましたね。

    有馬温泉は他の温泉地と比べて相場が格段に高いですよね。

    有馬温泉には大阪や神戸の大都会が近くにあることで集客力があり、さらに日本三大温泉でもあるのでブランド力によるところの価格相場になっているように思います。

    少し辛口になりますが、肩肘ついた年配の偉いさん?に象徴されるように、ブランド力に胡坐をかいてるのが垣間見えてると思われても仕方がない気がします。

    あと宿で最も気遣わなければならないのが、安全面と衛生面。
    お子さんの近くに火元がある、引きずった布団・・・

    過剰なサービスではなく最低限の当たり前のことができていないのは残念過ぎますよね。

    北海道にある登別温泉なのですが、けっこうリーズナブルな価格の宿もあり、明らかに有馬温泉よりは相場は低めです。
    昔と比べてお客さんが減ってきて、集客は外国人に頼らざるを得ないところもあるそうです。
    有馬温泉とは決定的に違うところは近くに大都会がないところですよね。
    登別温泉の宿のいくつかには泊まりましたが、価格が安めだからといって、最低限のサービス(安全面・衛生面)はきっちりしていましたし、胡坐をかいているどころか細かなところで工夫をされて危機感を感じてるところはあるなと気付くところがありましたよ。

    有馬温泉の宿の全部がそうだとは思わないですが、温泉地全体のブランドイメージを壊していることにも気付いてほしいと思いますね。

    • yoshiro より:

      nao2さん、おはようございます!
      いつもコメントありがとうございます(^^)

      有馬温泉に期待していただけに、微妙でしたね。
      nao2さんの家に伺った時にも有馬温泉の話をあまりしなかったのはこの出来事があったからです。

      サービスは二の次感があり、遠出した立場としては残念でした。

      価格とサービスが合っていないです。
      やはり都会から近いと高くなりやすいんですね。

      僕も去年訪れた鳥取の皆生温泉は値段はリーズナブルでサービスがとても良かったと思いました。
      やはり温泉地はネーミングではなく、サービスなどを基に選びたいですね。

      北海道登別の温泉は良さそうですね!!いつか行ってみたいです(^^)

コメントを残す

CAPTCHA