日本人の3人に1人は借金をしています!消費者金融で借りている人は1000万人

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

貯金が0円の人が増えていることを記事にしました。

お金に関する記事はこちら↓

 

仕事も終身雇用がなくなり、どんどん市場価値がない人が淘汰される時代になってきました。

仕事の大部分はAI搭載のロボットに乗っ取られる可能性があります。今から仕事が無くなっても生きていけるように貯金や運用したいところですね。

 

さて貯金が出来ていない人たちはどんな生活をしているのか。

家賃、食費、通信費などに給料分をとられて貯金ができていないんですよね。では、給料で足らない場合どうしているのか?

 

結論から言うと…

 

借金をしているんです!!!

 

必見
お得な制度を紹介しているので最後まで見てみてね

 

日本人の3人に1人は借金をしている

住宅ローンや自動車ローンも含めると、日本人の3人に1人は借金を背負っていることになります。

 

つまり家を建てる時、車を買う時に借金をしていることになるんです。

こう思うと借金している人って多いんですよね。

 

でも忘れがちなのが「奨学金」です。

日本人の大学進学率は、50%近い状況です。大学に進学した人のほとんどは奨学金を借りているんです。

 

これでいうと住宅ローン、自動車ローンを利用していない人たちも実は借金していることになるんです。

 

ちなみに携帯の端末代を分割しているのも「ローン」なんですよ。知らずに端末代を払わずに延滞してしまい、いわゆるブラックリストに載ることもあるのでご注意してください。

 

これらから総合すると、

 

日本人の半数は借金をしている可能性があるってことんなんです。

 

 

ヨシロー
こんなに借金しているなんて…

 

僕自身も「奨学金」「住宅ローン」を借りているので、この中の一人になりますね。

 

11人に1人は消費者金融でお金を借りている

2017年6月時点で

・消費者金融に登録している人数 1,819万人

・消費者金融を利用中の人数 1,071万人

(出典:JICC(株式会社日本信用情報機構)統計データ

 

なんと1000万人を超える人々が消費者金融でお金を借りているんです。

 

全人口の8.9%、実に11人に1人の割合です。

 

30人のクラスで考えると2~3人は消費者金融に借金をしている事実!

ものすごく多いですよね。

 

借金をしている理由と言うのが

46.9%は娯楽や旅行

次いで21.9%は食費なんです!!

(出典:日本賃金業協会2015年統計)

 

ヨシロー
え?生活のために借金をしているってこと?

 

生きていくために借金をしている現状があるんです。

これって恐ろしい事実ですよね…

借金をしないと生活が送れない状況があるんですよね。

 

消費者金融でお金を借りるな

そもそも消費者金融って何?って思う方もいますよね。

消費者金融は「アコム」、「アイフル」などの金貸し屋のことです。

借りるのは簡単な一方でとても高い金利で貸してくるので、返済が難しくなることがあります。

 

例えば、100万円を借りて、2年間で返そうとしてみましょう。

金利は消費者金融の平均である18%とします。

 

月々の支払い 4万9924円

総支払額 119万8166円

利息分 19万8166円

 

生活費に100万円借りた場合、月々5万円も支払いが生じてしまうんです!

生活に困っている人が月々5万円払えると思いますか?

 

答え:払えないです

 

払えないから、他のところで借金をして払う

そんな感じで多重債務になってしまうんです。

多重債務の場合はどうしたらいいのか??

 

「債務整理」、「自己破産」などを利用するしかありませんよね。

 

これを行うことでローンが一定期間組めないなどデメリットが大きいです!!

 

消費者金融ってお金を貸して、その後は知らん顔ですよ!借りた人の苦労なんて考えないですからね。

消費者金融でお金を借りるのは絶対やめましょう!!!

 

 

もし、消費者金融でお金を借りてしまってどうにもならない方は債務整理のために専門家に相談しましょう!!



生活に困っているなら行政を頼ろう

 

みなさん「生活福祉貸付制度」って知っていますか??

行政が公的にお金を貸してくれる制度なんです!

何らかの事情により収入が少なく,他の方法によっても,生活費や日常生活を送るうえで一時的に必要な資金が確保できない世帯に対して,将来の収 入確保までの生活を支援するための費用や一時的に必要な資金を,低金利(又は無利子)で貸付けることにより,安定した生活が送れるようにすることを目的とした貸付制度です。

(出典:広島県社会福祉協議会

 

貸付対象

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

 

貸付の種類

・総合支援資金、

・福祉資金

・教育支援資金

・不動産担保型生活資金

 

生活資金や教育資金としても使えます!

 

貸付金利子

・連帯保証人を立てる場合は無利子

・連帯保証人を立てない場合は年1.5%

 

連帯保証人を立てた場合はなんと無利子なんです!これは驚きですよね。

連帯保証人を立てない場合でも金利が1.5%です。消費者金融が18%なので、かなり低いことが分かりますね。

 

・金利が1.5%で100万円借りた場合

月々の支払い 4万2320円

総支払額 101万5688円

利息分 1万5688円

 

利息がわずか1万5000円程度で済むんです。金利が18.0%の消費者金融の利息が19万8166円なので、いかに低い金利で借りれるかが分かりますね。住宅ローン並みです。

 

まとめ

 

・3人に1人は借金をしている

・奨学金を含めると半数は借金している可能性

・11人に1人は消費者金融で借金している

・消費者金融でお金を借りるのは絶対ダメ

・お金に困っていたら行政を頼ろう

 

生活が送るために借金をしないといけない世の中…

お金がないと人間って余裕がなくなりますよね。そして体も心もボロボロになってしまうんです。

色々な制度もあります。上手に利用して生活していきたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA