pick up

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

注文住宅の顔というべき外壁。

どんな色を採用して、どこの場所に貼ろうかワクワクしながら考えますよね。

ヨシロー宅ではIC(インテリアコーディネーター)なしで外壁、外構、内部の壁紙や床の色などを決めています。

 

そのため外壁を決定する際には、ショウルームで担当者に意見をもらいながら選定しました。

僕のプロフィールのところにも写真を載せていますが、3色使用しています。

外壁の詳しい内容については後々記事にする予定です。

 

外壁と一緒に考えれるであろう「雨どい」

これの色をきちんと決めていなかったことで後悔することに…

 

雨どいとは?

 


樋(とい)とは、屋根面を流れる雨水を集め地上あるいは下水に導くための装置、設備。建築では特に雨水などの液体を運ぶのに用いる雨どい・雨といのことをいう。

(引用元 wikipedia


雨どいにも色々な色があり、外壁に合わせて色を選定することができます。

色を合わせることで、雨どいの存在感を薄めて外壁部分を際立たせることができます。

しかし雨どいの選定を間違えるとチープ感が漂ってしまいます。

 

ダサく見えてしまう雨どいとは?

このように外壁の色と、雨どい(外壁に沿っているといは竪どい)の色が違うことで雨どいが目立ってしまします。せっかくカッコいい、カワイイ色の外壁を採用しても雨どいのせいで魅力が半減してしまいます。

この場合は、外壁の色に近い雨どいを選択すると外観がダサく見えることは回避できます。

 

実際のヨシロー宅の雨どい

見てください!バルコニー部分を出っ張らせてアクセントにしています。色もブラウンにして、目立つようにしたんですが…

雨どいをホワイトにしたことで結構雨どいが目立つ結果に…

雨どいの色の選定は適当にしていたんだと思います。営業の方ともそんなに話をしていない気がしますし…

ここはブラウンだからホワイトだと違和感がありますよ!?とか一言言ってくれれば良かったのに( ゚Д゚)

最後は自分で決めているため仕方ありませんね。2年住んでみてあまり気にならなくなったのがせめてもの救いです。

 

おわりに

 

たかが雨どい、されど雨どい!

せっかく外観もオシャレにしたい場合はこういう細かいことも抜かりなく選定してください!

妻は特にこの雨どいに関しては何も思っていないみたいです。それよりもアクセントで採用した外壁の色合い、形など外観を気に入っています。僕自身もあまり気にしないほうがいいかもしれませんね。

以上後悔した話でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. nao2 より:

    おはようございます。

    「たかが雨どい、されど雨どい!」・・・ほんとにそのとおりだと思います。

    我が家はICさんが気を利かせてくれて雨どいの色を合わせてくれていました。
    でも、同じ小林住宅で現在建築中の人はそこまで気を利かせてもらえてないようです。

    家を建てる時に気を配らなければならない箇所はとても多くあるので、見落としや気付かないこともたくさんあると思います。

    でも、そこに関わる営業マンや設計士さんや社内で図面や書類の決済に携わる方など多くの目で見ているはずです。
    たとえICさんが見落としていたり居なかったとしても、どこかでそれを指摘なり確認をしてくれる人が欲しいですよね。
    というか、何も言わずとも同色系に合わせておくのが標準にしてくれたらいいのにと思います。

    • ヨシロー yoshiro より:

      nao2さん、おはようございます!
      いつもコメントありがとうございます。

      妻の反応見ていても、僕自身が気にしすぎなのか?と思うこともありました。他の方のブログを拝読しているから目が肥えているのかもしれません。

      この雨どいの場合はどこかでアドバイスをくれていたら修正できていたのでは?と思うこともしばしばです。
      小林住宅の建築中の方の記事は拝読しました。同じ境遇だなと思いましたね。
      家づくりの最中は営業によるダブル、トリプルチェックをしてくれないと何を決めたかどうか忘れてしまいますよね。

      同系色を標準!そうなんですよ。そうしてくれたら問題が起こらないと思うんですがね…。

      2年住んでみて少しずつ気にしなくなっている自分がいますが、せっかく家に来てくれて人に見せたくない部分があるというのも嫌ですよね。

コメントを残す

CAPTCHA