汚いのでダイソンを分解してキレイにしてみた

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

ヨシロー宅では、ダイソンのコードレスクリーナーV7 fluffy7を使用してます。

ダイソンコードレスクリーナーを購入した記事はこちら

 

ダイソンの一番の魅力は「吸引力」です。

細かいハウスダストも吸引することが出来ます。

 

 

小さい子どもがいる家庭では、とても重宝します(^^)

 

しかし、吸引力が優れているため、困ったことが起きます…

 

ダイソンの掃除機内部が汚くなるんです!!!

 

白い粉の正体

 

結論を言いますと、あの白い粉の正体は「ダニの死骸・ダニのフン・カビ・細菌」の塊です。

 

とても恐ろしいです( ゚Д゚)

 

以前ハウスダストについて記事にしていますので参照してください。

ハウスダストの怖い話はこちら
アレルギーにならないための掃除回数はこちら

 

あんな粉が家中にあると思ったら怖いですね(^_^;)

 

でもダイソンならそれらを吸い込むことが可能です!!!

 

ダイソンの分解を決意する

 

上記にも書いたように、ダイソンはハウスダストをしっかり吸い込むことが可能です。

ダイソンにすゴミが溜まって、捨てようと思うと…

白い粉が取り切れないんですよね( ゚Д゚)

 

そこで…

 

妻「ダイソンを分解するよ ( ゚Д゚)」

 

ヨシロー「…はい ( ;∀;)」

 

ということでダイソンの分解をして掃除することに!!!

 

準備物は、説明書とゴミが溜まったダイソンです!

 

分解開始

 

サイクロン、クリアビン、バッテリーの本体と呼ばれる部分です。

クリアビンの中にびっしりゴミが溜まっていますね。1回の掃除ではここまで溜まることはありません。複数回実施した後の状況です。

分解、掃除後

クリアビンとプレモーターフィルター、ポストモーターフィルターは水洗いしています。

白い粉は消えて、キレイになっていますね。

※サイクロン、バッテリーは水洗いはしないでください!

 

組み立てた後

 

白い粉がなくなり、とてもキレイになりました!

 

ソフトローラークリーナー

分解、掃除後です。

ローラー部分は水洗いできますが、十分に乾燥させる必要があります。24時間は乾燥時間を設けた方が良いと、説明書にも書いています。

※ソフトローラークリーナー本体部分は水洗い禁止です。細かいところは綿棒などで掃除しましょう。

 

再度組み立てると

この部分にも白い粉が付着しやすく、分解しないと掃除が困難です。

掃除後はとてもキレイになっていますね。

 

ミニモーターヘッド

 

分解、掃除後

ブラシによって髪の毛や微細なゴミを吸い取ってくれるため、髪の毛などが絡んで汚いです。ブラシは水洗いすることで、とてもキレイになっています。

 

そして再び組み立て

 

その他の延長ノズルなどは水洗いしています。

 

おわりに

 

ダイソンに問い合わせしたところ、フィルターを定期的に掃除するように推奨しているが、ソフトローラークリーナーなどは再々掃除する必要はありません!

ということでした。

 

ダイソンはかなり吸引力があるため、家中をキレイにしてくれますが、妻曰く…

 

そのダイソンが汚かったら、キレイにした感じがしない( ゚Д゚)

 

らしいです!笑

 

次回に続く。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です