【ZEH】夏にエアコンを切ると室温はどうなるのか?

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

広島県は2018年8月6日に最高気温37.3℃を記録しました。

めちゃくちゃ暑かったことを記憶しています。

 

我が家は夏場はエアコンを24時間稼働させています。

 

エアコンの関連記事はこちら↓

 

24時間運転することでとても快適に過ごせてます。

 

でもZEH住宅なら真夏にエアコンを止めても涼しいんじゃないの?って思いますよね。

 

結論から言うと、

 

エアコンなしではいくらZEHでも暑くて死んじゃいます!

 

 

エアコンなしの状態だと、一般住宅では室温40℃近くまで上昇するらしいんです。

ZEH住宅であれば断熱がしっかりしているので一般住宅よりも温度上昇は抑えれます!

 

ではZEH住宅でエアコンを止めた状態でどれぐらい室温があがるのか?

エアコンを真夏に止めてみたらどうなるのか実験しています。

 

エアコンを止めてみる

 

2018年8月実験をすることにしました!

 

8月4日にヨシロー家では出かける用事があり、帰るのが夜中になる予想。

そこでAM8:00にエアコンをoffしました。そして帰宅後に温度計を確認しています!

※注意※
人がいる中で行うと熱中症の危険があるので絶対行わないように

 

 

8月4日 広島の最高気温36.5℃

 

ヨシロー宅のスペックは以下の通りです!

ちなみに補足としては

断熱幅は天井200mm、壁100mm

カーテンは閉め切った状態で実験を行いました。

建物は真南向きで遮る建物なしです。

 

結果!!

 

温度計の右下が最高室温です!

1階リビング 最高室温 30.5℃

 

2階主賓室 最高室温 32.2℃

でした!

 

Heat G1ギリギリの性能で上記の温度は意外と上がっていないな!」という印象。

やはり2階の温度が1階よりも上昇していました。

 

2階主賓室は西側に縦滑り窓があり、そこからの日射侵入があります。その影響もありますね。

 

その窓に対して何らかの対策を講じようと思っています。

 

 

ZEH住宅でもエアコンはつけよう

 

太陽光発電をつけているので日中は電気をできるだけ使わずに売電を増やしたい人も多いですよね。

 

でも売電金額は増えても、熱中症になってしまい最悪死んでしまう可能性だってあります!

 

ZEH住宅はエアコンをしっかり使用しても、発電量が使用電力よりも上回るように計算されています!

 

しっかりエアコンを使用して快適に過ごすべきなんです。

 

ZEH住宅に住んでいるからこそ節約志向になりすがない方がいいですよ!

 

電気代が気になる方は比較してみてもいいかもしれませんね。



まとめ

 

・ZEH住宅はエアコンなしでは涼しくならない

・ZEH住宅ならエアコンを使用して快適に暮らすべき

 

ZEH住宅にしたけど、実際どれほどの効果があるのかな?って思っていました。

賃貸の時は、屋外よりも室内の方が暑かったということも日常茶飯事でした。

エアコンをつけていても、壁、窓から輻射熱があり、とても不快でした。

今思えば、今年の夏も賃貸住みだったら…考えるだけでゾッとしますね。

 

屋内での熱中症により、死亡した症例も数多く報告されています。とても恐ろしいです。

 

予算に余裕があれば、Heat20 G2レベルを狙うことも考えたと思います。

 

未だにHeat20 G1レベルが1番コスパがいいので、最低限そこはクリアした方が良さそうですね。

 

今回の実験は誰もいない環境下で行っています。小さい子供、高齢者がいる家庭では、我慢せずエアコンをつけて快適に過ごしてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA