おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

太陽光発電は得?損?

太陽光発電を導入するにあたって考えることが…

 

得なの?損なの?

 

ってことですよ!!

 

国が再生可能エネルギーを普及させるために太陽光発電に対して買い取る制度があります。

固定価格買取制度(FIT)です。

(画像引用元 ソーラーサポートセンター

 

上記の表でみると10kw未満では2012年と2019年で16~18円も売電価格が下がっているんですよ。

10kw以上で26円も下がっています。

 

これは1000kw売電で2万6000円、5000kw売電で13万円の差がでるんです!!!

 

そしてもっと下がる予想になっています…

さらに2019年以降に順次FIT制度の買取期間を終える家もでてきますね。

 

結論から言うと…

 

今から太陽光発電を過多に搭載することはとてもリスクが高いんです!!!

 

太陽光発電はパワコンが必要

太陽光発電では「パワコンディショナ」が必要になります。

 

パワーコンディショナ(パワコン)とは、直流と交流の電気を変換する働きをする、精密な電子機器です。

 

この寿命は約10~15年と言われています。

 

メーカーによると思いますが、10年点検して必要があれば機器交換、部品交換が必要になります。

 

この間に元がとれない計算であれば導入しないことをおススメします。

 

一般的にパワコンの交換で20万円~30万円部品交換で5万円~10万円がかかります。

 

最悪10年ごとに30万円ずつ払う必要があるかもしれません。

 

ヨシロー宅の太陽光発電は三菱電機を採用しています。

三菱の場合、パワコンの保証期間10年です。

 

これらから太陽光発電導入により損しないためには…

 

10年以内に初期投資が回収できるかが重要です!!

 

この間に回収できないのであれば導入すべきではありません!

 

 

ヨシロー宅でも10年以内に回収できるのか?

ヨシロー宅では三菱電機の太陽光発電を4.41kw搭載しています。

 

10kw未満の搭載のため、10年間は買取金額が固定されます。

 

2016年から売電開始したため売電金額は33円です。(出力制御対応機器あり)

 

さて太陽光発電導入のためにかかった金額

 

156万6735円

 

ここから2017年、2018年の総発電量から算出して太陽光発電の元がとれるおおよその年数を出したいと思います。

 

※この算出方法は自家消費金額を反映させていません。

そのため、おおよその年数になります!ご了承ください。

 

 

総発電量×売電金額

2017年 5914kw×33円=19万5162円

 

2018年 5827kw×33円=19万2291円

 

2年間の平均は19万3726円

 

これらから計算すると

太陽光発電導入のためにかかったコスト回収まで

 

およそ8年です

 

ということはあと2年の売電金額はプラス収支になります。

これでパワコンが10年で故障しても大丈夫そうです。

 

しかし、これが2019年度の売電金額26円だと

 

コスト回収まで10.2年かかります

 

これではこれからプラス収支になったと思ってもすぐパワコンの故障などでマイナスになっていく可能性があります。

 

パワコン以外にも発電効率の低下やモジュールの故障などリスクが多数存在します。

 

台風などの自然災害でも故障することも考えられます。

 

 

これらの話しから2019年に太陽光発電の売電で得するのか?

 

これまでのような高価格の太陽光パネルを設置すると損になる可能性大!!

 

ということですね。

 

 

低価格で高品質な太陽光発電のメーカーであれば十分に得すると思います!

今から太陽光発電を導入を考えている方はここで見積もりするのをオススメします!

おわりに

 

これからの環境を考えていく上では、自家発電、自家消費をして相殺していくために省エネ住宅、モジュール搭載量は最低限に止めるべきです。

 

太陽光発電を多く搭載して、無理矢理ゼロエネ住宅にしないようにしたいですね。

 

太陽光発電を設置するためには比較した方がいい!

太陽光発電を設置するのってお金がかかりますよね!?
できるだけ安く、高品質の太陽光発電がいいですよね。

無料で230社の中からあなたに合った会社を選ぶことができます!
また、カスタマセンターがあるので分からないことがあっても安心です!

これだけの会社の比較って時間がかかりそうですよね?1回の情報入力で会社の比較ができるんです。

メーカーに言われるがまま、高額な太陽光発電を買わされてしまうのだけは避けたいですよね。

太陽光発電を比較、見積もりをしてもらって後悔のない選択をしてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. みゆぼん より:

    おはようございます!
    わかりやすい記事で大変参考になりました。自家消費を計算しない場合だと我が家も8年ほどで回収という計算になりそうです。
    ヨシローさん邸と我が家はメーカーは違うものの同じパネル量ですね^ ^我が家はヨシローさん邸より売電が1年あとで買取価格は31円ですが、パネルの価格はもう少し安かったです。
    窓の性能がもう少し高ければ自家消費は少なくなるんだろうなぁと思ってます。建築費用は上がってしまうんですけど(苦笑)

    • yoshiro より:

      みゆぼんさん、こんばんは(^^)
      いつもコメントありがとうございます!

      太陽光発電のコスト回収は自家発電分を差し引くのが正しい数字になると思うんですが、僕の文章力では分かりにくくなったのでこのような記事にさせてもらいました!

      本当はみゆぼんさんのような記事にしたかったんですけど…(^_^;)

      やはり売電金額が下がっても、イニシャルコストが下がっていれば同じような結果になるんですね!太陽光発電の導入の際は、このあたりも気をつけたいですね。

      たしかにそうなんですよね!!
      窓の性能分自家消費が増えているのかなと思うんです。でも変えた場合、イニシャルコストを回収するまで何年かかるんだろって思っちゃうんですよね。
      僕のところもそうなんですが、今の窓の選択が総合すれば良かったのかなと思います。

  2. nao2 より:

    こんばんは

    同じ小林住宅のブロガーのtakaさんから、ダブル発電はどれくらいで元が取れるのか?という質問を受けて試算に取り掛かかろうとしています。

    試算するにあたり、住み始めてから確定しているデータ(売電や発電量)と一部確定していないところ(売電の通年データが確定していないので)は推定値を充てながら計算しようと考えています。

    推定する値も含めて、さらにざっくりとした計算になりますが、上手くいけば、エネファームダブル発電とオール電化のコスト回収の比較計算までできれば?と思っています。

    そこでお伺いしたいのは、オール電化でエコキュート(4人家族なら370L?)は本体と工事費でどれくらいかかるものですか?
    もし、みゆぼんさんも見ておられたら教えてほしいです。

    エネファームは給湯器も付いていての価格設定なので、比較するにはオール電化も太陽光パネル+エコキュートで比較すべきと考えています。

    あ、予め言っておきますが(笑)
    私は文系なので、あまり細かい計算はできません。
    ホントにざっくりとしたものになると思います。

    だから、あまり期待はしないでください(笑)

    • yoshiro より:

      nao2さん、こんばんは!!

      ダブル発電はどれぐらいで元がとれるのか…なかなか興味がある話題ですね!
      僕もエネファームには興味がありましたが、価格を考えて導入はしませんでした。
      回収までどれぐらいの期間必要なのか分かれば、検討している人へ指標となりますよね(^^)

      我が家のエコキュートはコロナのフルオートタイプ、APF3.3のタイプです!
      価格に関しては標準だったため坪単価に含まれており、具体的な価格は正直分かりません(^_^;)

      メーカーからもらっていた標準装備のパンフレットで希望小売価格が74万+税でした!(定価は79万8000円でした)
      よって、74万×税金8%で79万2000円だと思います!
      工事費に関しても標準は全部含めて坪単価に入っているので、明確な金額は分かりません…

      エコキュートと太陽光発電の合計は
      156万6735円+79万2000円=236万5935円です!

  3. nao2 より:

    ありがとうございます。

    エコキュートの価格は79万8000円に対し、小売価格が74万円は、あまり値引きされていないようですね。
    実際の納価ならもう少し値引きがありそうな気もしますが、それを工賃と相殺するとして75万円くらいで見積もることにしようと思います。

    それと、サラッと計算してみたのですが問題が発生です。
    自己消費分の金額換算をどうするかです。

    太陽光発電から発電する電気は元手は太陽光なので、原価は0円となり、自己消費分は丸々買電@20で換算できますが、エネファームはガスが元手で電気を作り、その熱で給湯も賄うので原価をどう設定するかという問題に直面しています。
    つまり、自己消費の換算は買電@20-原価となるはず?と思ったので、この原価設定が問題だと思ったんです。

    もし、この理屈で合っているならかなり厄介な計算になるか、もしかしたら不可能かもしれません(笑)

    文章が下手でわかりにくいですよね。すみません。

    なにかいいアイデアがあればいいのですが。

    • yoshiro より:

      自家消費分に関しては難しいところですね…
      エネファームの場合はガスを使用するときに電気を発生させるため、売電が発生するときにはガスは消費している状態ですもんね。

      1kwを生み出すのにガス量はどれぐらい使うとか分かればいいかなと思ったんですが…
      平成30年で太陽光だと0円→28円、ガスだと?円→27円となるので、ガス料金がいくらだから何円分の発電ができたと言った方が分かりやすいかなって勝手に思ってました。

      自家消費分を含めるとかなり混乱しそうだなって。
      今コメント返信しようとして、これってnao2の求めている答えか分からない!って思ってしまいました笑

      そもそも太陽光発電で発電したのか、エネファームで発電したのかはHEMSで分かったりするんですか??

  4. nao2 より:

    おはようございます。

    私の疑問とするところはきっちりとヨシローさんに伝わっていますよ(笑)
    通じていて良かったです。

    太陽光発電分とエネファーム分の発電量はHEMSで確認ができますが、グラフから数値を拾う形になるので概算値になります。

    この方法での比較が難しいようでしたら別の方法を考えてみることにします。
    お騒がせして申し訳ありません。
    ありがとうございました。

    • yoshiro より:

      おはようございます!

      その認識で間違いではなかったと聞いて安心しました(^^)
      これってnao2さんが求めていることと違うんかな?って思ってたので!

      かなり複雑な計算になりそうですね。
      結果を楽しみにしています(^^)

コメントを残す

CAPTCHA