ウッドワンから新ブランド

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

ヨシロー宅の建具、床材はウッドワンを選択しています。ウッドワンは広島の地元メーカーです。地元メーカーだけでも親近感が湧きますし、高品質の商品が数多くあります。

そんなウッドワンから新ブランドが発表されました。

 


 

株式会社ウッドワン(本社:広島県廿日市市、社長:中本祐昌)は、平成30年11月20日に新ブランド「KITOIRO」を新たに発表します。

 

株式会社ウッドワンは、ニュージーランドで苗木から木を育て、一貫生産により住宅に使われる床材、内装ドア、階段材、構造材など様々な木質建材としてご提供してまいりました。

このたび当社は、「素そのままよりも楽しい。」をブランドコンセプトに、質の良い本物の木に彩いろどりをプラスする、あざやかな色彩や豊富なデザインで、木を取り入れた空間のアイディアがさらに広がる新たなブランドを投入致します。

ロゴデザインは、「木十彩」という字を抽象的にロゴマーク化して「 木に彩を+(プラス)する」ということを表現しています。

 

CONCEPT

素そのままよりも楽しい。

透明感のある美しい木目。
ぬくもりを感じる質感。
苗木から丹念に育てた木は、まさに自然の造形美。

そのままでも美しい自然の木は、
素材をそのまま活かすことがこれまでの主流でした。

私たちはそんな固定観念にとらわれない、
全く新しいウッドマテリアルをご提案します。

「木十彩 KITOIRO」は質の良い本物の木に彩いろどりをプラス。

木をもっとカラフルに。もっとクリエイティブに。

素そのままよりも楽しい。

あざやかな色彩や豊富なデザインで、木を取り入れた空間のアイディアがさらに広がります。

 

(引用元 wood one

 


 

床材の色は茶色、白色が中心のイメージでした。しかし、今回ウッドワンが発表したブランドでは、木をもっとカラフルに。木を取り入れた空間のアイディアがさらに広がる!という考えですね。

KITOIROは、豊富な色を揃えた「COLOR」、どんな空間にも自然になじむ「BASIC」、テーマごとに様々なパターンを施した「DESIGN」の3つのデザインラインアップから選択できます。

 

COLORは88色あり、色合わせなどを考えたら無限大の可能性がありますね。

例えば2階の寝室や書斎などアクセントとしてカラーフローリングを選択するのもいいですね!

 

DESIGNのKidsの中からこんなフローリング

こんあ柄のフローリングを見たことあります!?子供部屋にはうってつけの色合いですね(^^)

 

アクセントクロスはヨシロー宅でも採用していますが、床の色はブラックチェリーやダークブラウンなど落ち着いた色を選択しています。しかし、KITOIROにより「アクセントフローリング」という新しい考え方も浸透しそうですね。

もう一回フローリングを選択できるなら、ウォークインクローゼットなどでKITOIROから選択してみたいです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA