セキスイハイムを検討

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

ヨシロー宅は2016年12月末に引き渡しでした。引っ越し、エアコン設置、カーテン設置など目まぐるしい年の瀬を送りました。

ヨシロー宅は地元ローコストメーカーです。

そのメーカーを選択する前に候補に入っていたハウスメーカーがあります。

天下の「セキスイハイム」さんです!

 

家を建てるならセキスイハイムで建てるんだろうなと漠然と思ってました。実際、セキスイハイムとはプラン、見積もりの提示、工場見学など契約の手前までいってました。

セキスイハイムでは木質系のグランツーユーで見積もりをしてもらいました。

しかし、セキスイハイムは鉄骨系、木質系ともに坪単価が高すぎます。

地震に対しての絶対的な強さ、屋根いっぱいの太陽光発電、メンテナンスフリーのタイル外壁など特徴的です。

セキスイハイムのモデルハウスに行くと、QUOカードや粗品がもらえます。また工場見学も無料で連れて行ってくれます。

僕の場合、工場見学の際に人数が少ないという理由から新幹線での移動になりました。

岡山までの新幹線指定席往復チケットをいただき、帰りは岡山駅のイオンモールで遊んで帰りました。

実際これらのお金って購入者のお金をなのかなって思うと、とてもコスパがいいようには思えませんでした。

ハウスメーカーは安心感がある!これは揺るぎません!!

建てる人それぞれが何を求めるかになります。

 

ヨシロー宅のプランの提示を受けて、見積もりの結果を教えてもらいました。

建物価格

「3600万円」

後々の記事でヨシロー宅の金額を記事に書きますが、1千万円以上の差があります。

この時点ではオプションはほとんどついてません。また諸費用、土地代が別でかかります。

うーん改めて見ても高すぎます。

1千万円違うと、住宅ローン35年で月々およそ3万円支払いが変わります。

そのお金で僕は運用したり、子供の習い事の月謝にしたいです(^^)

まあ僕の小遣いは変わりませんが(^_^;)

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です