おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

照明ってプチ後悔ポイントに挙げられることがおおいですよね。

 

「もっと照明をつけておくべきだった」

「照明の色は他の色(電球色、昼白色)が良かった」

「ダウンライトにしておけばよかった」

 

などです。

 

注文住宅は照明の種類だけでなく、位置や数まで考える必要があります。

 

でも僕たちは素人なので適材適所の照明器具を考えるのは大変です!

 

 

そんな中ヨシロー宅で採用したのが

 

「Panasonic あかりプラン」

 

です!

 

Panasonicショウルームで担当してくれた方は照明専門のアドバイザーでした。

ちなみにあかりプランを作成してもらってもPanasonic商品を採用しなくても大丈夫みたいです!

 

Panasonicリビングショウルームで担当してくれた方と、ヨシロー夫婦はとても相性が良かったと思います。

家が建ってからも子供を見せにショウルームに訪れるぐらいです。

そういう方とプランを考える時は自分たちの思いが言いやすいので後悔が少なくなりますね。

その担当者と考えたあかりプランをお見せします!

 

あかりプランを考えた

これがあかりプランの提案です。

 

ヨシロー宅ではIC(インテリアコーディネーター)なしで照明を考えています。

ICがオプションだった記事はこちら→ インテリアコーディネーターがオプションがなんでや!

 

Panasonicリビングショウルームで話した内容でしたが、形になって出てきた時は感動しました。

 

あかりプランめちゃくちゃ分かりやすいんです!

 

イメージの画像も載せてくれているし、金額(定価)も書いてくれているため、メーカーが提示する金額と合わせやすいです!!

 

吹き抜けは上向き、下向きのスポットライトにしています。

上向きは間接照明、下向きは直接照明になるようにしています。

 

ダイニングのペンダントライトの直上は少し暗めになります。

吹き抜けもダイニングも担当者曰く「あえて影を落とす」です!!

 

僕と妻はこの「あえて」が好きなんですよね。

担当者との話し合いはとても楽しかったです。

 

この中ではペンダントライトは種類を変更して施主支給すること、玄関ポーチの照明はメーカーの標準に変更、勝手口の照明は無くしています。

 

リビングダイニングの照明

 

写真にてLDKの照明を紹介します!!

 

・ハーフ吹き抜けのスポットライト

上向きと下向きに分けています。

上向きは間接照明として、下向きは直接照明になるようにしています。
この2つは気分によって点けたり、消したりしています。

 

スポットライト上向きだけ

 

下向きだけ

同じ空間でも雰囲気が変わります!

 

・ペンダントライトの場合

全部点けた状態

 

ペンダントライトだけ

テーブルだけが浮かびあがった感じがします。

 

このようにその日、その日で照明の位置を変えています。同じ部屋なのに色々な表情を見れて、毎日照明を点けるのが楽しくなります!

 

点ける場所を変えるためにヨシロー宅の照明スイッチは多いです。

 

ちなみにキッチン側の照明はまた別の場所にあります!LDKだけで8つスイッチがあります。

 

光は影があることによって活きる!!これがPanasonicショウルームの担当者が言う「あえて影を落とす」です。

 

おわりに

 

あかりプランを作成していて照明の数が本当にこれでいいのか?ってことを何回も思いました。

 

Panasonicショウルームの担当者は人の動き、座る場所などを考慮してここに照明があるんですよ!と具体的に教えてくれました。

 

信頼関係があったので、お任せすることができました。

実際住んでみても照明に対しては後悔がないんですよね!

やはり専門家と話し合って決めるのがいいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA