pick up

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

とてもショッキングなニュースが流れていました!

 

「大和ハウス、建築基準に不適合

 

え??

 

どういうこと??

 

あの超有名なメガハウスメーカーが起こした事件の詳細を説明します!

 

建築基準を満たしていなかった

 

大和ハウス工業(1925)は12日、戸建て住宅や賃貸共同住宅の一部で建築基準に適合しない建物があったと発表した。

防火安全性が不十分な恐れ、および柱の仕様が不適合な賃貸共同住宅が合計200棟、独立基礎の仕様が型式適合認定に不適合な戸建て住宅と賃貸共同住宅が合計1878棟あることが確認された。

2001年以降に東京都や神奈川県、千葉県など6都県で引き渡した賃貸共同住宅200棟が標準仕様と異なる施工となっていた。

そのうち73棟は、柱を準耐火構造とする必要があるものの建築基準法や消防法などの防火基準に対して安全性が不十分な恐れがある仕様で設計・施工をしていた。73棟の改修費用として約1億円の工事費用を見込んでいる。

00年以降に全国で引き渡した1878棟の戸建て住宅や賃貸共同住宅で、独立基礎の仕様が型式適合認定に適合していなかった。

うち9棟は第三者に検証を依頼した結果、建築基準法が求める構造安全性能が確保されていることを確認したという。

今後はさらに調査を進め、物件を所有しているオーナーや入居者に説明したうえで必要な対応をし、業績予想の修正が発生する場合は速やかに公表するとしている。

(引用元 https://r.nikkei.com/article/DGXLASFL12HV8_S9A410C1000000?s=0)

 

嘘をついていた会社

メガハウスメーカーであるダイワハウス!

その母体は大和ハウス工業です。

 

連結での売上高は3兆5129億円

総従業員数6万2000人

 

誰もが知っている会社です!

 

そんな大企業が嘘をついて家を建てていたんです!!

坪単価が100万円になることもある会社ですよ!!?

 

この会社に対して何千万円も払っている施主がいるんですよ!!

 

 

あり得ないです!!

 

 

契約した施主は会社を信頼しているわけです!

それを裏切ったんです。

幸い改修で済みそうで良かったですが…

 

ダイワハウスは家づくりにおいて信用を一気に落としましたね

事件の背景にあるもの

利益優先主義なんでしょうね。

 

とにかく利益を出すためにギリギリまで経費を節約しないといけないんです。

 

利益優先により下請けが基準を満たしていない家を建てるしかなかったんです。

 

そして基準を下回る家に何千万円も払って、一生住むことになるんです。

 

結局負担を下請けに押し付けて、最終的には住む人が被害を被るんですよね…

 

ダイワハウスは安心

という神話は崩れ去りましたね。

おわりに

僕も戸建てに住む前はD-roomという賃貸で2年ほど住んでいました。

http://yoshiro-ie.com/2018/08/26/賃貸時代のこと/

一般的な賃貸よりも家賃が高かったです。

その割に壁や床が薄いのか音がダダ漏れでした。

それに断熱施工がなく、家の中でニット帽子を被っていました。

 

結局家は「名前」で選ぶのではなく、キチンと施工してくれる場所で建てたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA