クリナップキッチンはステンレスと人工大理石どっちが良い?


おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

いきなりですが、

 

我が家はクリナップのキッチンを採用しています。

 

クリナップはハウスメーカーの標準でした。クリナップといえばキッチンメーカーの老舗です。

 

クリナップキッチンのオプションも色合いもとても気に入っています。

本当にこのメーカーを選んで良かったと思いました。

 

そんなクリナップキッチンの特徴を書いていきます。

 

クリンレディの最大の特徴

数あるクリナップキッチンの中でクリンレディを選択しています。

 

クリンレディの大きな特徴の一つが

 

「ステンレスエコキャビネット」です!!

日本の高湿な気候、水を多く使う生活様式に耐えうる理想の素材は「ステンレス」に限る!とクリナップが結論づけています。

 

ステンレスエコキャビネットではカビが繁殖しにくく、ニオイもつきにくいから、清潔です。水汚れやサビ、熱にも強く、お手入れも簡単で、長寿命と…

 

良いことばかりです!!

 

 

人工大理石ってどうなの?

ヨシロー宅ではオールステンレスを…と言いたいのですが、ワークトップは人工大理石を選択しています。

 

理由は見た目ですね!

 

注文住宅のキッチンなら人工大理石でしょ!って勝手に思ってました。

人工大理石の一番の魅力は多彩なデザイン性です。

色・デザインなど多くのラインナップがあるので、キッチンやダイニングのインテリアに合わせやすくなっています。

 

人工大理石は見た目重視の方におススメです!!

 

機能重視の方は傷にも強いステンレスが良いと思います!!

 

人工大理石のデメリットは変色を起こす、黄ばんでくる、傷がつきやすいなどなど…

悪いことばかり言われています。

 

クリナップでは人工大理石アクリストンを採用しています。

 

アクリストンは長く使用しても変色や変質の心配がほとんどなく、美しい色合いが長持ちします。

192時間での日差しにて評価(値が小さいほど変色しない)

 

優れた耐汚染性で、一般家庭で使われる調味料・洗剤によって変色・変質することはほとんどありません。

200℃にしたオーブンの中に20分間放置した時の色差を比較評価(値が小さいほど変色しない)

 

ショールームでもカレールーなど24時間放置しても付着しないと説明されています。

24時間以上放置する人はオススメはしません!

 

クリンレディの人工大理石のワークトップでは角が丸くなっており、当たっても痛くないです。

 

シンクは王道のステンレス?それとも見た目重視の人工大理石?

シンクに関しては当初はステンレスを選択しようと思いました。

 

ステンレスであれば上の写真のように流レールシンクを選択できました。

 

お料理中などに使う水が、ゴミや汚れを手前の「流レール」に集めながら流れます。「流レール」に入ったゴミは水流に押されて排水口に集まる仕組みです。

 

しかし、人工大理石のワークトップとステンレスのシンクの場合、継ぎ目がどうしても気になりました。

 

掃除しやすいように工夫はされていますが、その部分に汚れだけでなく、カビ発生を危惧しました。

 

ショールームでも

人工大理石人工大理石の組み合わせよりも

人工大理石ステンレスのほうがカビ発生のリスクが高まると説明を受けました。

 

よってシンクは人工大理石を選択!

 

ワークトップとシンクとの段差や継ぎ目が目立たない、より一体感のあるデザイン。接続部分に汚れがたまりにくいのが特徴です。

 

従来の人工大理石シンクに比べて弾性に優れ、割れるリスクが軽減しています。

 

排水口はシンクとの継ぎ目がない一体成形で、掃除が楽になってます。

 

ゴミ受けがステンレスであり、油汚れもすぐ落ちます。

 

これは掃除も楽なので、地味に助かっています!!

 

色は汚れが少しでも目立ちにくくしたいこと、経年劣化による色変化が少ないことなどをショールームで伝えるとベージュを勧められました。

(引用元 クリナップ

流レールシンクは採用したかったですが、人大シンクで満足しています。手間ではありますが、食器洗い後に水を流すだけでキレイに保てます。

 

おわりに

 

現在クリナップではクランレディの後継機である「STEDIA(ステディア)」を発売しています。

STEDIAの記事はこちら→ クリナップのキッチン

 

このSTEDIAはシンクが人工大理石でも流レールシンクにすることができます。

 

僕がキッチンで唯一心残りなのがこの流レールシンクです!!

 

食器洗い中に「流レールシンクだったらな…」と思うこともしばしばです。

 

<まとめ>

・クリナップキッチンはステンレスキャビネットにより高耐久性であり、カビの発生を抑制してくれます。

 

・ワークトップは見た目重視では人工大理石機能重視ならステンレスがおススメです。

 

・シンクは違う素材同士では継ぎ目にカビが発生するリスクが高まる。

 

クリナップキッチンはおススメである!

 

以上です。

 

“クリナップキッチンはステンレスと人工大理石どっちが良い?” への2件の返信

  1. おはようございます。

    キッチンは清潔を保つメンテナンス性を考えつつ、おしゃれ感も取り入れたいところですよね。
    どちらも追求しすぎるとお金もかかるので悩ましいところでもありますが(笑)

    我が家もワークトップは思い切って人工大理石を採用しています。
    私はどちらでもよかったんですが、ここは妻がこだわったところだったんですよ。
    傷についても当初は心配しましたが大きく目立つ傷もなく良好です。意外に丈夫ですよね。
    さすがにヨシローさん邸のようにシンクまで人工大理石とまではできなかったですが、一体型になるとより高級感が増して良さそうですよね。

    1. nao2さん、おはようございます!
      いつもコメントありがとうございます(^^)

      メンテナンス性、オシャレ…色々考えるとお金がかかりますよね!
      クリナップにはクリンレディ、STEDIAの上位機種であるセントロという商品があります。見た目的にも機能的にも良いんですが、やはりオプション金額が高くなってしまいます。
      水回り設備はいつか取り替えが必要になりますし、今最新の機能も15年後には古くなっています。
      やはり水回りはコスパ重視で選ぶのがいいと思います。
      キッチンは特に奥様の要望が多いと思いますので、安いからといって選択すると不満ばかり残ってしまうこともありますよね。

      その意味ではクランレディは機能、メンテナンス、見た目のバランスが良かったなと思います。

      ワークトップは人工大理石が注文住宅の醍醐味ですからね!笑
      僕も当初傷がつくかな…汚れが目立つかな…なんて思っていましたが全然問題なかったです。細かい傷はどうしてもできていますが、目を凝らして見ないとよく分かりません。

      シンクに関しては僕個人はステンレス派でした!しかし、そこは妻の希望により人工大理石にしました。クリナップの担当も妻の味方になりますからね…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です