おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

2016年12月に引き渡されて2年過ぎました。

2017年は見事に売電金額が電気料金を上回っていたため、ゼロエネルギー達成しています。

 2017年の電気代、オール電化についてはこちら

 

2018年の売電、電気料金も整ったので報告したいと思います。

 

ヨシロー宅のスペック、電気プランなど

ヨシロー宅のスペック

 

ZEH住宅ですが、Heat20 G1の最低レベルです。まあなんとか高断熱住宅といえる程度ですね。

サッシは低性能のサーモスⅡ-Hです。

⇒ サーモスII-Hについての記事はこちら

 

ちなみにヨシロー宅では太陽光パネル搭載量が10kw未満であり、余剰買取制度が適応になります。

余剰買取は、太陽光発電を住宅の使用電力に使って、余った電力を電力会社に売電して収入を得ることです。

 

電気プラン

ヨシロー宅はオール電化のため、電気プランは中国電力の電化styleです。

平日の日中は電気料金は高めに設定されています。

太陽光発電とオール電化との相性は抜群です!日中電気を使用しても、太陽光発電により相殺できるんです。

 

エアコンの使用方法

冷暖房の使用方法に関しては、基本的に夏冬は24時間運転を実施しています。

夏場は2階エアコンを冷房24時間、冬場は1階エアコンを24時間暖房ONにしています。

 

その他

 

・妻、子どもは日中在宅

・外食はほとんどせず、ご飯は基本的に家で作っています

 

 

売電、買電金額

太陽光による売電、使用した電気代金額を発表したいと思います!

 

では金額の発表です。
※中国電力は前月中旬~当月中旬の売電金額を計算をしています。

太陽光による売電金額は14万1636円

使用した電気代は10万6424円

 

収支は+3万5212円です!!!

 

見事2018年もゼロエネ達成です!!!

 

ちなみに発電量よりも電気使用量が少ないので、金額だけでなくゼロエネルギーハウスになってます!

 

月々の売電平均は1万1803円、電気代平均は8869円です。

 

2018年1、2月は電気代かかっていますね。最強寒波の襲来で氷点下4℃を記録する日もありました。

7~8月は豪雨災害以降に酷暑の毎日であり37℃を記録しました。

 

2017年と比較しても電気代が増加しています。さすがに日中妻と子どもが在宅していれば電気代は上がるのが当然ですよね。

それでも電力会社5社平均のオール電化宅の電気代が17万4813円なので、それよりも格段と安く過ごせています。

それも24時間冷暖房実施しながらです!!

 

 

おわりに

 

ヨシロー宅の性能はご存知のとおりです。

低気密住宅のせいで冷暖房費が余計にかかっていることは否めません。

それでも「ヒートショックになりにくい」、「熱中症になりにくい」という家族の健康の安全を守れています。

また、1年間で3万5000円プラス収支であり、とても家計に優しい住宅になっていると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメント一覧
  1. nao2 より:

    こんにちは

    今年もゼロエネの達成、おめでとうございます。

    「低気密住宅のせいで冷暖房費が余計にかかっていることは否めません。」と謙遜なさっていますが、24時間冷暖房で快適に過ごしてこの光熱費なら十分に高性能住宅ですよ!!

    十分に自慢できる省エネ住宅だと思います。

    ヨシローさん邸は日当たりもいいから、このあたりのことも光熱費に好影響なのでしょうね。

    おそらく住んでる地域にぴったりの性能だからこそ、とてもいいコスパを発揮しているんだと思いますよ。

    • ヨシロー yoshiro より:

      nao2さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^)

      nao2さんが言われると説得力あります!笑

      低気密により居室間の温度差がありますが、ヒートショックは予防できる温度差ですし、外気温が0℃に近いときは間欠的に浴室暖房や洗面所の電気ヒーターを使用して温めています。

      それでも電気代がこれだけ安くできてるので、ZEHにして良かったです!!

      24時間暖房+場所によっては間欠的に暖房器具を組み合わせることが我が家の一番快適な住み方なんだなと分かりました。

      電気代などを考えると、このぐらいが広島ではコスパは良い性能になりますね!
      ただしnao2さんの言う通り日当たりが良い土地だから成り立っていると思います(^^)

      • nao2 より:

        さとるパパさんという方のブログでは、快適に暮らしている人は共通してそれなりに研究熱心にこだわりを持って取り組んでいると書いてたのですがそのとおりだと思います。

        ヨシローさんの暖房器具の組み合わせも、私のホットカーペットにしても、間欠なものと連続なのを試行錯誤を繰り返し、体感と電気代をみながらいい塩梅の快適性を探り当てるところなんかまさにそのとおりだなと思います。

        まぁ、家の性能には限界がありますが、その中でも、自分でできるだけの快適性を探るのは奥が深くて面白いですよね。

        • ヨシロー yoshiro より:

          試行錯誤というフレーズ!まさにその通りです!

          2017年よりも2018年、そして2019年と家の性能は変わってないのに間欠と連続の組み合わせ方によって快適性が増しているんですよ!

          じゃあ電気代が増えているの?と思えば維持ぐらいなんです。

          自分の家の特徴を捉えて、それに合わせてカスタマイズしていった結果なんだと思います!!

          本当に奥が深いと思うのと同時に、これを考えてなかったらどんだけ快適性が損なわれた生活をしていたと思うとゾッとします(^_^;)

          そう思えば自分の家の性能も捨てたもんじゃないですね!笑

コメントを残す

CAPTCHA