pick up

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

多くの家庭に置かれているゴミ箱。これを置く場所って迷ったりしませんか?

燃えるゴミ、瓶、缶などゴミの種類は多くあります。これらを無造作に置いておくと汚い印象や散らかっている印象を与えかねません。

 

そしてゴミ箱周囲は住んでいる人の生活感が出てしまうものです。

ヨシローの場合はビール缶、ワインの瓶などなど…あまり人からすると見られると恥ずかしいですよね。

 

僕が以前賃貸に住んでいた時にはゴミ箱がリビングから見える位置にありました!

だからこそ注文住宅を建てるときに考えていたのは…

 

ゴミ箱は隠したい!!

 

ということです。

ヨシロー宅で一貫して考えていたのは「生活感のない生活」でした。生活感がにじみ出るごみ箱は一番隠したいんです。

 

ごみ箱を隠す場所は?

これまでコートクローゼット、洗濯室、ユーティリティールームなど、来客の方に出来るだけ物が見えない間取りを紹介してきました。

ごみ箱を置く場所も例外ではありません。

 

そこで考えたのは、キッチンにパントリーを設けることを考えました。

 

しかし、パントリーのために1つ部屋を作ることはヨシロー宅では間取りの余裕がありません。

大きくパントリーを設けることができないので、こんな感じのパントリーをイメージしました。

また、ダイニングからも見えない位置にする必要があり、キッチンの横に設置することにしました。

南側なのでもったいないように思えますが、一番見えない位置にすることができています。

 

パントリーの内部

 

パントリー下部にゴミ箱を設ける場合、上部に可動棚を設けようと考えました。しかし、棚の位置により、ゴミ箱の開閉の邪魔になる可能性を考えました。

可動棚なので当たらない位置に棚を移動すれば問題ないじゃないか?と思われるかもしれませんが、横幅が限られているため、可動棚の金具の影響によりゴミ箱の設置が制限されるかもしれません。最低ゴミ箱は2つ、45ℓのゴミ袋を入れれるタイプを設置したいと考えていました。

賃貸の時に使用していたゴミ箱は大きめのタイプだったため、フタを開けた状態で最高点が床から何cmかを確認し、その高さから可動棚の金具を取り付けてもらいました

写真は入居前です。

横幅に合うゴミ箱を探していると発見しました!!

カインズのゴミ箱です。ちょうど2つ置ける幅で、ピッタリです!!

ちなみに足でペダルを踏むとフタが開きます、上部はプッシュインできるようになっているため、捨て方は2WAYです。フタを開けても、棚に当たることはありません。

キッチン側から見ても隠れています。

 

おわりに

 

ハウスメーカーのモデルルームに行くと豪華なパントリーがあって「こんな感じで作りたいな」と思っていた時期もありました。

しかし、土地は有限であり希望を全部詰め込むと、とても足りません。

なぜパントリーが必要なのか?ということを考え、最小限のスペースでも有効活用できるように考えることは大事ですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA