おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

寒波襲来

 

つい先日冬の最大の寒波襲来により、各地で真冬日になりましたね。

広島でも最高気温6.3℃、最低気温3.8℃と日中でもほとんど温度が上がらなかった日がありました!!

 

そんなヨシロー宅では、1階のエアコンによる24時間暖房により、室温が21〜22℃の温度で過ごしていました。

21~22℃に関しては、僕としては快適な温度と感じています。確かに半袖で過ごすことは出来ませんが、厚着しすぎなくても過ごせるため十分と考えています。

 

1階のエアコンにより、2階も19~20℃で推移してました。しかし、夜中から明け方にかけて、18℃台になります。

1階と2階の気温差が2℃になるとコールドドラフト現象が起こるため、18℃台になったら2階エアコンONにして対応しています。

さすがにUa値0.56、気密最低レベルだと1台のエアコンでは厳しいですね( ゚Д゚)

 

ちなみに我が家が1階エアコンで採用しているのは三菱電機の「霧ヶ峰」です。

ムーブアイによる室温、人の動きをチェックすることにより省エネでありながら、快適な室温にしてくれます。

しかし、ムーブアイによる人感が突出しすぎるあまり、ヨシロー宅では困ったことが起こりました。

 

夜勝手に温度を下げてしまう

どういうこと?って思われるかもしれませんが、霧ヶ峰にはスマートSTOP機能により、エアコンの運転をセーブ、オフする機能が備わっています。

 

スマートSTOP機能に設定していると、就寝時に人がいないからセーブモードにしようとエアコン自体が勝手に判断します。

つまり暖め続けてほしい時に、勝手に休んじゃうんですよね。

 

・就寝時

1階リビング  21.4℃

 

・起床時

1階リビング  19.5℃

 

2℃近くも室温を下げられていました。

そのため、2階もそれに合わせて室温が低下します。いやーさすがに寒いです。

 

対応は?

 

霧ヶ峰の最大のウリは「ムーブアイ」です。

しかし、セーブモードになってしまってはせっかくの24時間暖房による暖かい生活ができません。

ということでこの機能はOFFにしました。

夏、冬ともに24時間運転する場合はこの機能はOFFにしていた方がいいです。

 

OFFにした翌日

・起床時

1階リビング  21.0℃

 

きちんと24時間暖房が行われていましたね。

 

おわりに

 

霧ヶ峰のムーブアイ機能はとても魅力的です。しかし、間欠運転を行う場合はとても重宝するムーブアイも暖め続けてほしい、冷やし続けてほしい場合には反対に邪魔になることもあります。

2年間使用してみて、霧ヶ峰の後悔ポイントとしてはこの辺りですかね。これ以外は非常に満足しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA