おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

12月になると楽しみなのが…

ボーナス、住宅ローン減税の還付金です!!

12月分は給与と合わせて口座に振り込まれるため、なかなかの金額になります。

ヨシロー宅ではほとんど貯金に回りますが…

 

さて住宅ローン減税ではローンの1%、最大50万円が控除となります。所得に応じて支払う所得税と、住民税が控除の対象になります。

所得税だけで50万円かかっている方はかなりの高所得者ですね(^^)

だいたいの方が住民税との合算になることが多いのではないでしょうか?

ヨシロー宅の場合、所得税丸ごと還付され、住民税も翌年分引かれて、支払額が下がります。どうせなら住民税も年末調整のタイミングで還付してほしいです。

 

さてそんな中、住宅ローン減税の恩恵を受けている方にとっては心配な出来事。

 


 

国税庁は11日、住宅ローン減税の制度適用を誤って所得税を控除しすぎた人などが、2013~16年分の申告で約1万4500人いたと発表した。

納税者の申告ミスに税務署が気づかなかったという。対象者には税務署から11月以降、申告内容の確認を求める文書を送付。数十万円程度の追加納税が必要となる人もいるとみられる。

同庁によると、ミスのうち約1万2600人は、親などから住宅購入資金の非課税贈与を受けつつ、住宅ローン減税も申告した人。

本来は「住宅取得価格から贈与額を差し引いた額」と「住宅ローンの年末残高」を比べて低い方をもとに控除額を計算するが、高い方をもとにしていた。また、自宅の売却益が3千万円まで非課税になる制度を受け、住宅ローン減税を使えないのに使っていた人が約1800人いた。

ミスは、会計検査院の指摘で発覚。国税庁の担当者は「納税者に是正をお願いすることは申し訳ない」としている。

(引用元 朝日新聞)

 


 

かなりの人数が対象になっていますね。

対象の方には先月ぐらいから国税庁よりハガキが送付されているとのことです。

皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか??

あとから追加納税って嫌な話ですね。今後はきちんと処理していただけることを願っています。

 

ちなみにヨシロー宅では両親からの贈与は受けていません。完全に自分たちのお金だけで家を建てています。

正直贈与があればかなり助かりますが、親世代もこれからお金が必要になってきます。

介護、病気や、年金の受給額の減少も家計を圧迫します。両親には自分たちの老後のためにお金を貯めてもらえたらと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA