事件の被害者に!怪我をさせられたのに泣き寝入りした理由


おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

今回の記事はグチ中心の記事になるかもしれません。この度あった傷害事件の被害者になりました。ケガしたのに、泣き寝入りをしないといけなかった理由を書きます。この件は誰にでも起こりえるので、僕の経験を少しでも役立ててもらえたら…

 

事件の概要

 

11月のとある日…

いつものように仕事を終わらせ広島バスという路線バスで帰宅途中の出来事です。

バスも夕方ということもあり込み合っていました。バスの中に入って立って吊り革を持っていました。

横に立っていた男(60代)が場所を移動しようとしていたため、僕は避けました。すると…

 

男「お前肘を当てただろ!」

 

と因縁をつけてきました。肘を故意に当ててませんし、体は避けていましたので変な人に絡まれたなと思っていました。

自分が下りるバス停が近づいたため、降車口に移動しようとすると、その男が後ろの僕の妨害をしてきました。それなのに…

 

男「お前、もう許さんぞ」

 

と胸ぐらを掴まれました。そして逃げる恐れがあるからとバスから引きずり降ろされました。

僕自身は元々降りる場所でしたし、逃げるも何も男の方から絡んできたんです。

 

ヨシロー「何もしてませんよ」

 

男「お前わしを押したじゃないか!その前も肘を当てただろ!」

 

これは身の危険を感じて、通行人に助けを求めて110番してもらいました。そして映像に残すためにスマホで撮影をしています。

 

男が主張したこと

 

僕が肘を当ててきたという主張です。しかし、僕自身は避けていますし、肘を故意に当てたという認識はありません。僕の方が降りる際に押されたりしているわけですし、完全に男の「いちゃもん」なんですよ。

 

警察が駆け付け、双方の言い分を聞くことに。

 

引きずり降ろされる際に、僕は手首に擦過傷や右半身に打撲のような痛みがありました。

 

警察官「向こうが謝罪してくれたら、自分も謝って終わりにすると言っている」

 

いやいや何でこっちが謝らないといけないんだ!悪いことをしているのは向こうではないか!と思いましたが、いいかげん1時間も寒い屋外で決着がつかない話にもう嫌気がさしていきました。結局謝罪することに…

 

双方の謝罪で「和解」となりました。

 

傷害罪で被害届を出そうと考える

 

擦過傷、打撲、暴力的に扱いを受けている映像と証拠はありました。翌日病院に行き、診断書を出してもらう準備をすることに。

傷害罪で訴えてやる!そういう気持ちでいました。しかし、法律に詳しい人に話を聞いたところ…

 

「被害届は出さないほうがいい!」と言われました( ゚Д゚)

 

なぜ被害届は出さないほうがいいのか?

 

まず、僕の受けた怪我、バスを降りてからの暴力的な扱いは傷害罪、暴行罪が適用されるとのこと。

しかし、被害届を出してしまうと、相手側も被害届を出す可能性があるとのこと。

 

なぜ????

 

被害届を出すと、警察署に任意で来てもらい聴取を再度行うことになる。男が暴力を行う前の「肘を当てた」というところに焦点を当てて、向こう側が傷害罪で被害届を出すことになるだろうと!

 

こちら側が怪我をさせられてるのに、ヨシローも罪が問われることになるということです!!!

 

納得できません…

 

怪我もさせられて、恐ろしい思いもしているのに、相手に罰を与えると自分も罰を与えられる可能性があるんです…

被害届を出すのであれば、間違いない証拠を揃えることだそうです。

 

向こうが肘が当たったということに関して、当たっていない証拠があれば良かったんです。でも僕は聴取の中で「肘は当たった」と答えてしまっています。

 

では不可抗力を主張したら?

 

ではなぜその時に謝罪しなかったのか?という論点になるみたいです。謝罪していないということは、故意で当てたのではないかと言われるみたいですね。

 

結果

僕は被害者であると同時に容疑者になる可能性がある。お互い被害届を出すと、両成敗にすることがほとんど。

特に軽微な罪の場合、大きな捜査はしないので、自分で証拠を提出しないといけない。

 

おわりに

 

この結末について納得はしていません。それでも被害を訴えたいと、被害届を出すことも一つだと思います。

 

法律に詳しい人から最後に言われたのが、

「絡んでくるというのは間違いなくおかしい人間なんよ!そんなおかしい人間が今後バスで会った時に再度絡んできたり、脅してきたりした時に事件にすればいい!今ある証拠はその時にだせばいい!

事件にして、相手に弁護士がつくと情報開示を請求されて、住所も電話番号も相手に見られてしまう。その方が危ないよ」

 

その通りですね。軽症で済んで良かったと思うしかありません。

 

絡まれたときに思ったこと…

 

「ここでやり返したら、妻、娘に迷惑をかけてしまう。仕事をクビになってしまう」

 

我慢できる大人になれたんですかね(>_<)笑

 

そして男に対して思うこと!

60歳にもなってこんなことしかできないなんて、しょうもない人生歩んでますね?誰からも慕われない寂しい人生なんでしょうね。

もう二度と関わりたくないですね!

“事件の被害者に!怪我をさせられたのに泣き寝入りした理由” への2件の返信

  1. とんでもないことに巻き込まれましたね!!

    世の中にはこういう訳のわからない輩が一定数いるので、上手く対処されたと思います。

    場所が家の近くのバス停なら「君子危うきに近寄らず」で正解だと思います。

    でも、心情的にはモヤモヤ感は残りますよね。

    1. 広島バスという路線バスは客の中に雰囲気がおかしい人が多いなという印象をもっていました。関わらないことが一番と考えていましたが、今回こちらが気をつけていてもあのように絡まれるとどうしようもなかったですね。

      nao2さんの言う通りです。とにかく関わらない!それが今後も一番ですね。

      このような事件の場合、被害者が泣き寝入りする仕組みがよく分かりました。軽微な事件に関しては警察も簡単な捜査しかしないみたいですしね。
      高い授業料だと思うしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です