ダニ対策のための布団乾燥機

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

これから乾燥していく時期はダニの繁殖力も弱まります。しかし、まだまだダニ対策は怠らないようにしてください。

そんな中、「ダニ対策機能を強化した布団乾燥機」が日立から発売されるとのこと。

 


 日立コンシューマ・マーケティング株式会社は、ダニ対策機能を強化し、静音コースを新たに搭載したふとん乾燥機「アッとドライ」を11月中旬から発売します。

上位モデルのHFK-VH1000は「ダニ対策コース」を、シングルふとんの場合、1回約100分運転を実現しました。また、「ダニ対策コース」専用のデオドラント剤を新たに開発し、温風と共にハーブの香りをふとんに送り込むことができます。

新商品の開発背景
共働きや高齢化の影響で、日中に家事に費やす時間が減っていることや、ふとんの上げ下ろしが重労働となり、ふとんを干すことが困難なことに加え、近年は梅雨から夏にかけての悩みとして、ふとんの湿気やダニの繁殖を抑えたいという声が増えてきています。家事の時短・省手間、効率化が求められている中、これらのニーズに応えるため、従来機種から搭載している「ダニ対策コース」の改良とダニ対策専用のデオドラント剤を新たに開発しました。また、お子さまの就寝時間帯や、単身世帯など、運転音が気になる時間、お部屋でも使用できるよう、新たに「静音コース」を搭載させ、あらゆる使用シーンに対応したふとん乾燥機を提案します。

 

 専用デオドラント剤&運転時間約100分の「ダニ対策コース」で、簡単に湿気・ダニ対策

「ダニ対策コース」は1回の運転時間を約100分で完了させることができます。(*1)ダニ対策専用のデオドラント剤を使用することで、温風と共にハーブの香りをふとん内に広げることができます。

「静音コース」搭載で時間帯・お部屋を問わず使用できる
運転音を約30dBまで抑えた「静音コース」を新搭載。(*2) 温風温度も約50℃以下(*3)に抑えています。

 

(*1)
当社調べ。シングルサイズ「ダニ対策コース」の場合。室温20℃湿度約65%の場合。使用条件により異なります。
(*2)
「静音コース」以外は約50dB。「しっかりコース」に比べ、設定時間は長くなります。
(*3)
「しっかりコース」は約60℃。

(引用元 日立

 


 

以前ダニ関して調べた内容を記事にしました。

調べてみると、ハウスダストって怖い→こちら

アレルギーにならないための掃除回数→こちら

 

上記の記事にも書きましたが、ハウスダストになるダニの死骸などを除去しようと思うと、2日に1回は掃除機をかけることが推奨されています

布団乾燥機はダニ対策が出来ているとはいえ、最終的に掃除機をかけないと死骸が残ってしまいます。

梅雨時期など湿度が上昇しやすい時期に関しては、布団乾燥機をうまく使用し、ダニが繁殖しにくい環境づくりをすることはとても大切です。

 

ハウスダストを減らす=アレルギーにならない

ことにつながるため、意識してみてはいかがでしょうか?

 

次回に続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です