【web内覧会】玄関とSIC

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

1階の間取りを載せた後に間取りの紹介をしていませんでした。

間取りに関しては、以前のブログで載せた内容をリライトして載せていきたいと思っています!

見たことあるぞ!と思うかもしれませんが、内容を変えている場所もありますので、どうか見ていただけたらと思います(^^)

 

1階の間取りの記事は→こちら

 

玄関はLIXILジエスタ

 

以前玄関アプローチについて記事にしました。

(玄関までの距離が短いと言われる→ こちら

 

屋外から見ると上記の写真の感じですね。

 

 

LIXIL(リクシル)では現在「ジエスタ2」という商品に変わっているため、ジエスタ2の採用を検討している方は参考程度に見てください。

 

ヨシロー宅はZEHのため、ジエスタのK2仕様にしています。

 

建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率:2.33(W/(m² K)となっています。

・断熱材
K260mm
K440mm

・ガラス仕様
K2LOW-E複層
K4複層

・玄関枠
K2サーマルグレイク構造
K4一般枠

 

その他
K2建具本体の弱点部分に樹脂(PVC)をつけている

 

上記のような違いがK2とK4ではあります。

 

今後家を建てられる方は最低でもK2クラスにした方がいいですね!!

 

予算に余裕があれば、LIXILの断熱ドアでは「グランデル2」という商品があります。

熱還流率は0.89!!!

K2仕様よりも断熱性能が段違いです!!

これを採用できるのは羨ましいです(^^)

(画像引用元 LIXIL

 

SIC(シューズインクローゼット)を採用

 

玄関横にはSIC(シューズインクローゼット)を採用しています。

 

ヨシロー家では、家づくりの最中に赤ちゃんを授かることができました。

 

赤ちゃんが生まれて一番場所をとるだろうなーと考えたのが「ベビーカー」です。

 

最近は特に高さも幅も大きいベビーカーが多いですよね。

バギーの3輪タイプもあります。

 

昔みたいに簡易的なものではなく、赤ちゃんの体のことを考えたベビーカーが多いです。(サスペンションや照り返し防止のアルミ板など)

 

そんなベビーカーを玄関にそのまま置いていたら、来客の人に見られてしまう!

 

ヨシロー宅では「生活感のない家」をコンセプトに掲げていました。

 

収納を必要な分だけ設置し、間取りの自由度を高めて、後々収納が足りなくなっても、収納を増やせる場所は予め確保しておく!

 

というベースを崩さずに家づくりを進めました。

 

その第一歩として、ベビーカーを隠せる場所!としてSICを採用しています。

A型ベビーカー(ファーストベビーカー)と僕の愛用の芝刈り機も置いてます!笑

ベビーカーはアップリカの「ラクーナコンフォート」です。

 

芝刈り機を奥に入れると

B型ベビーカー(セカンドベビーカー)を横に置いてもまだまだスペースがありますね。

広さとしては、0.73帖程度ですが、結構物が収納できます。

 

当初の予定ではSICはもっと広く面積をあてる予定でしたが、靴は足りなくなったら靴箱を新たに設置することとし、減坪対象にしました。

 

もし家の延床を気にしないのなら、SICを広くしておくことをおススメします!!

やはり玄関は来客の方が最初に目にする場所であり、靴が散乱していると、印象悪くなっちゃいますよ( ゚Д゚)笑

 

次回に続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です