三菱ロスナイ換気を掃除してみた

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

前回、三菱ロスナイセントラル換気システムの特徴を記事にしました。

今回、その換気システムの掃除の様子を記事にしようと思います(^^)

 

掃除の手順

 

まず、説明書を準備!

これを基に掃除をしていきます。

1階洗面室の天井に「排気口フィルター」があります。ここにホコリが溜まっていきます。

排気口フィルターはトイレの天井にも設置されています。

排気口フィルターを外すと、

このように「外気フィルターユニット」が設置されています。この外気フィルターユニットにより、外気に含まれている花粉・ホコリなど約82%(粒径10μm以上)カットしてくれます。

 

外すとこんな感じです。

外気フィルターユニットを写真に撮ろうと思ったんですが、虫の死骸などグロテスクな写真になるため載せていません( ゚Д゚)

 

外気フィルターユニットには外気フィルターがあり、外して水洗いが出来ます。

上記のユニットを分解して、掃除したあとの写真です。

 

1、2階分の外気フィルターユニットと排気口パネルです。

 

説明書によると、外気フィルターと排気口パネルは水洗い可能ですが、ユニットは掃除機で!と記載がありました。

 

しかし、細かい汚れがこびり付いていることもあり、ヨシロー宅では、水洗いをして、しっかり乾燥した後に再設置しています。

 

説明書では、1年に2回掃除と書かれていますが、虫の死骸などが気になるため、ヨシロー宅では3ヶ月に1回掃除しています。

 

交換フィルターの種類

 

三菱ロスナイセントラル換気システムのフィルターは標準装備の外気フィルターだけでなく、その他3種類のフィルターがあります。

 

①高性能除じんフィルター

花粉・ホコリを約97%(10μm以上)カットします。

水洗い禁止。6ヶ月に1回掃除機で掃除します。

交換時期は2年に1回です。

 

②微粒子用高性能フィルター

花粉・ホコリを含む微小な粒子を約95%(2.0μm以上)カットします。

PM2.5に対応しています!

交換時期は6ヶ月に1回交換となっています。

 

③NOx吸収フィルター

空気中のNOxを約50%除去します。

ちなみにNOxとは窒素酸化物のことで、酸化して二酸化窒素になると、呼吸器疾患を引き起こすと言われています。

幹線道路沿いの方は使用をオススメします。

このフィルター単独では使用できません!他のフィルターとの併用が必要です!

3ヶ月に1回掃除機で掃除。

交換時期は吸引できなくなってきたら交換という曖昧な感じです。

粒子の大きさはこちら。

よく聞く「PM2.5」とは大きさ2.5μ以下の粒子の呼名です。

微粒子用高性能フィルターでも、すべてをカットすることは難しいですね。

フィルターのイニシャル・ランニングコスト

金額(アマゾン価格)としては、

①高性能除じんフィルターが1700円程度(メーカー価格5000円)

②微粒子用高性能フィルターが2800円程度(メーカー価格6700円)

③NOx吸収フィルターが4500円程度(メーカー価格9500円)

2年間コスト(1、2階)

 

①高性能除じんフィルター
2年間に1回交換
1700円×2個=3400円

②微粒子用高性能フィルター
6ヶ月に1回交換
2800円×2個×4回=2万4000円

③NOx吸収フィルター
1年間で交換を想定して
4500円×2個×2回=1万8000円

 

①がコストが一番低いですね。

②に関しては、性能は魅力的ですが、コストはかかります。

おわりに

 

ヨシロー宅では、現在の外気フィルターでも十分満足しています。

がしかし!コストを考えて、高性能除じんフィルターはかなりお得な気がします。

10μm以上のホコリや花粉を97%キャッチしてくれますしね(^^)

微粒子用高性能フィルターは、春、秋に窓を開けて涼むヨシロー家の生活スタイルだと、宝の持ち腐れ感があります。

窓を全く開けない方にオススメになると思います!

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です