クリナップの洗エールレンジフードを採用

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

クリナップからSTEDIA発売されましたね!

ということはクリンレディは引退ですね( ゚Д゚)

クリンレディ採用した者からすると、寂しい気持ちもありますが、STEDIAでクリナップも盛り返してほしいですね!!

 

オプションで採用した洗エールレンジフード

 

さて、ヨシロー宅ではクリナップのキッチン、「クリンレディ」を採用しています。

クリンレディを見にショールームを訪れた時に目を奪われたオプションがありました。

 

「洗エールレンジフード」です。

 

クリナップの中でも高いオプションの部類になり、導入はしたいけど諦める方も多いと思います。

洗エールレンジフードは、自動で洗浄してくれるのはレンジフードのみです。

ファンフィルターは親水性でコーティングされていますが、整流板、パネルは親油性であり、レンジフード以外も掃除しやすくなっています。

 

金額としては10万円後半になることが多いと思います。(メーカーによって値引き率が異なります)

これを高いと思うか、安いと思うかですね!

 

なぜ洗エールレンジフードを採用したのか?

 

当初は違うレンジフードを見積りに入れていました。

その矢先、賃貸のレンジフードを洗う機会がありました。

 

2時間ぐらいかけて外し、掃除、設置まで行ったのに、全然ギトギトが取れていなかったんです( ゚Д゚)

 

それは掃除をしていなかった期間が長かったため、油が酸化してこびりついていたんだと思います。

ショールームの担当者も3か月程度で油が酸化して取りにくくなると説明を受けました。

 

でも3か月に1回ってなかなか共働きをしていると大変なんですよね(^_^;)

 

レンジフードは近年、洗いやすくなっているとは言っても掃除は大変です。

 

賃貸時代からレンジフードの掃除は僕の担当でした。おそらく多くの家庭では奥さんがすることが多いと思います。

3か月に1回続けていく…これってなかなか大変なんですよね( ゚Д゚)

 

僕は家の掃除の中でレンジフードの掃除が

1番めんどくさいです!!

優先順位が高いオプションではないかもしれませんが、採用するとかなり掃除が楽になると思います。

 

次回実際の掃除の様子を記事にします(^^)

 

次回に続く。

 

“クリナップの洗エールレンジフードを採用” への2件の返信

    1. おはようございます、くろーばーさん(^^)
      ありがとうございます!!
      カープ優勝嬉しいです(^^)
      広島の街はすごいことになってました!笑
      今度は日本一になってほしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です