1階にエアコンを使用し、2階の湿度コントロール

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

前回の記事で、湿度が高い日のエアコンの設定について記事にしました。

以前1階のエアコン、三菱の霧ヶ峰の除湿機能で2階の湿度コントロールができるのか実験をしています。

 

まず、霧ヶ峰の除湿機能は再熱除湿方式になります。

除湿には「弱冷房方式」「再熱除湿方式」があります。

 

弱冷房方式は、

メリット デメリット
再熱除湿方式よりも電気代が安い 湿度設定が出来ない

除湿が十分に行えない

湿度の細かい設定は出来ません。温度を1~3℃程度下げますが、除湿は十分に行えません。

 

一方再熱除湿方式は

メリット デメリット
湿度設定が行える

温度が下がりすぎない

弱冷房方式よりも電気代がかかる

湿度設定ができるため、除湿能力が高いです。

 

ヨシロー宅では2階主賓室に富士通の安いエアコンを設置しています。(賃貸時代に購入した物)

弱冷房方式ですが、全く効き目がありません( ゚Д゚)

 

どうにか1階エアコンで2階の湿度コントロールが出来ないかと考えていました。

そこで、サーキュレーターを使用し、2階の湿度コントロールを試してみることにしました。

以下これはムラゴン時代に行ったものですが、今回はそれを紹介しようと思います。


実験時間はおよそ24時間!

朝起きて温湿度計の履歴をクリアして、その瞬間から24時間後の湿度を測定します。
寝室では親子3人で寝ているため、湿度が上がりやすい状況です。
雨の日は屋外湿度が90%を超え、そんな日は朝起きた時には湿度が70%になっています。

1階エアコンは霧ヶ峰!
設定を除湿70%にしました。

60、50%と湿度設定が出来ますが、湿度が下がりすぎて寒くなります。
そのため、70%で設定します。

階段下部にはアイリスオーヤマのサーキュレーターを設置。
2階に向けて弱運転を行います。

除湿機能、サーキュレーターは24時間設定変更はしません。

そして結果は…
61%(highは前日朝の湿度)

10%湿度を下げることができました。

除湿設定が70%で行いましたが、もっと下げれる余地はありそうです。

湿度を含んだ空気は軽くなり、上部に溜まっていきます。
リビング階段を通じて乾いた風をサーキュレーターにて2階に上げて、湿気を含んだ空気を1階に下ろすことが出来てます。
1階に下りてきた湿気を含んだ空気はエアコンにて除湿される仕組みだと思われます!
おそらく!笑

詳細はよく分からないです(^_^;)

実験結果では2階エアコンを使用しなくても2階の湿度コントロールが可能ということです(^^)

(引用元 ヨシロー、2階の除湿を下げる


 

冷房機能であれば2階エアコンのみ使用して1階まで冷やすことは行われてますが、1階のエアコンで2階の湿度コントロールする記事はおそらくないと思います!

まあそんなことする人がいないのも事実ですが(^_^;)

参考程度に!

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です