オール電化の電気プラン(電化style)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

ヨシロー宅は広島県ということで、中国電力から電力を売買しています。

 

買電について

ヨシロー宅ではオール電化であり、エコキュート給湯機を使用しています。そこで中国電力の「電化style」というプランに設定しています。

(画像引用元 http://www.energia.co.jp/

 

金額に移ります!

平日(1kwあたり)

9時から21時:7月1日から9月30日までは32.08円、その他の時期は30.06円

21時から9時:14.60円

土日祝日(1kwあたり)

24時間:14.60円

平日は日中が高め、夜間安めに設定されており、日中共働きの家庭は恩恵を受ける仕組みになってます。ただし、夕食作り、入浴など電気代がかかる時間帯が高めの設定にされていることに関しては注意が必要です!!

 

売電について

2016年度 出力制御あり

1kw=33円

となっています。

夏場の電力の場合、

日中33円の電力を発電して、32円で使用していることになります。つまり日中は使うたびに利益がおよそ−1円ずつ減ります。

冬場の電力の場合、

日中33円の電力を発電して、30円で使用していることになります。つまり日中は使うたびに利益がおよそ−3円ずつ減ります。

そう考えると夏場の太陽光発電とエアコンの相性はとても良いですね。特に夏場の発電量は冬場よりも150%になることもあり、エアコンで消費した場合でも、売電量は確保されています。

夏場晴れていた場合、エアコンを気にせず使った方が良いですね。

休日の場合、

日中33円の電力を発電して、14円で使用していることになります。つまり日中は使うたびに利益が−19円ずつ減ります。

損をしている使い方になりますね。休日休みの場合、否が応でも日中電気を消費します。使えば、使うほどもったいないことになります。ただし、曇りや雨の場合、使っても1kw14円のため、気にせず使えます。

休日は疲れていても日中お出かけして、家族サービスをすることで、売電量もUP!そして家族の絆もUP!になりますね。(外食するとトータル損をするので注意です!)

 

さいごに

住み始めた当初は子供も産まれていなかったため、21時を過ぎて入浴したり、ケチな生活をしていました。

しかし、子供が産まれて、ケチな生活ではなく、もっと快適に過ごすためにどうしたらいいのかを考えました。

今は24時間冷房は当たり前です。共働き時代では考えられなかった2台のエアコンONも子供が快適に過ごすため、妻が妊婦生活をストレスなしに生活できるためにどうしたらいいのか考えた結果です。

断熱性能はheat20の最低レベルですが、とても快適に過ごせています。

この生活で夏場は買電金額が抑えれるのは嬉しいですね(^^)

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です