クリナップのキッチン

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

クリナップのキッチン

ヨシロー宅ではキッチンはクリナップを選択しています。

LIXILとクリナップで選択できましたが、迷わずクリナップを選んでいます。
それはキャビネットまでステンレス使用だからです。
最近クリナップでは「エイジレス」という言葉を使います。躯体自体劣化をしない構造ということですね。

クリナップでは、ステンレスキャビネットが30年経っても美しさと強さを保っているという検証結果を公表しています。

現在使用している人間としてはとても安心できる結果ですね。
ステンレスキャビネットによって清潔に保てるだけでなく、掃除も簡単に行えます。(手の届く範囲ですが)

ヨシロー宅では、クリンレディでワークトップ、シンクともに人工大理石にしています。

扉カラーはこのショールームで撮った写真と同じブルーグレーを採用しています。

クリナップの人工大理石はアクリストンという材質で、丈夫で色あせしにくい仕様となっています。また、ワークトップ、シンクともに人工大理石にすることで、継ぎ目がなくなり、カビや汚れの付着を予防できます。

シンクを人工大理石に変更することでデメリットが一つ…
「流レールシンク」に出来ないことです。流レールシンクは手前側に勾配があり、流した食べ物などが流れていく仕組みです。
クリンレディでは人工大理石が見た目では良いものの、シンクの機能が悪かったです。その点が一番惜しかったです。
ヨシロー宅では、「注文住宅なら人工大理石でしょ」となんとなく思っていました。(全く根拠がありません)

 

クリナップの新しいキッチン

しかし、2018年9月に「STEDIA(ステディア)」が発売されます。現在松たか子さんがCMしていますね。

(画像引用元 https://cleanup.jp/kitchen/stedia/

クリンレディの後継機になります。ステンレスキャビネットは継続され、今回人工大理石でも流レールシンクが可能になっています。
また、シンクの色に「ブルーグレー」が採用されました(^^)

(画像引用元 https://cleanup.jp/kitchen/stedia/

ブルーグレー色のシンクが新登場したのは、ブルーグレー好きとしてはとても嬉しいですね。ホワイトの水栓とブルーグレーのシンクはとても合っていますね。
今もし変更可能なら、この水栓とブルーグレーのシンクに変更します!!!笑

クリンレディの時は明るめの色が多かったですが、STEDIAでは落ち着いた色が多くなりましたね。9月にSTEDIAフェアが各ショールームであるみたいですね。行ってみたいですね(*_*)笑
今からSTEDIAを選択できる方はとても羨ましいです(^^)

次回に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です