新しい団地に憧れる

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

はじめに

 

家づくりの際に建物だけでなく、住む場所となる土地選びには慎重になりますよね。

 

実際住んでみると…ということもありますし、場所はいいけど、近所の人が…なんていうことも多いですよね。

 

世代によっては話が合う合わないも出てきます。まあ同年代でも話が合わない人は沢山いますが。

 

実際近所の人との関係は難しいところで、事前に分からないというのが難点です。

 


 

広島の団地事情

 

広島では大型の分譲地が売り出されてます。

 

西風新都こころ、春日野、グリーンフォートそらのなどです。

 

グリーンフォートそらのは大型ショッピングモールなジ・アウトレット広島」が隣接し、とても注目されている場所です。

 

アストラムライン(広島のモノレール)の駅も近くにできるとの噂があり、益々発展しそうです。

(2019年3月3日追記

正式にグリーンフォートそらのにアストラムライン延伸の際に駅ができることが決定しています。

今住んでいる方、今後住む予定の方にとっては朗報ですね)

 

まあヨシロー家では積水ハウス、ダイワハウス、トヨタホームなどハウスメーカーの建築条件つきであり、交通手段が現在のところバスか自家用車しかないので却下してます。

 

その他にはセキスイハイムが他メーカーと合同で分譲地を売り出してます。

 

宮島の対岸の土地に東亜ハウスと「グランツォ宮島」を、

 

また少し広島市内寄りでは一条工務店とマリモハウスと「凪彩の街」を売り出してます。

 

どれも建築条件つきであり、自分たちの好きなメーカーで建てられません。

 

(2019年3月3日追記

凪彩の街に関しては、コンビニはすぐ近くにありませんし、最寄りの駅は広電の駅で小さい駅になります。

JRまでは徒歩で少し歩くようになります。

また、車の出入りが難しそうな印象です。)

 

セキスイハイムで建築しようと思った時期があり、グランツォ宮島でプランの提示、工場見学に岡山まで行きました。

 

また記事にしようと思いますが、金額面で断念しています。

 

新しい団地は良いですよね。綺麗な街並み、同年代が住んで、活気がありそうです。

 

しかし、ある程度大きな団地はハウスメーカー主体で造成されており、建築条件つきで販売されてます。

 

正直ライフプランを考慮した場合、ヨシロー家では買えるけど、他のことを我慢するようになる!という感じです。

 

例えば旅行であったり、好きな家具を買えなかったり…

 

人それぞれだと思いますが、好きなものを買いたい、好きな場所に行きたいと思った時に、ローン支払いで上記のことができなくなると思います。

 

大きな団地は諦めましたが、ローコストメーカーが造成した新しい団地には入居できてます(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA