おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。

 

土地選びって家を建てる上でかなり重要だと思います。

土地選びで考えたこと

 

・40坪以上

・駅近い

・平地

・造成された団地

・値段はそこそこ安い

これらのことを漠然と考えていました。

 

広島は平地の土地が少なく、土地代が高い、面積が狭いなど制約も多いです。

特に広島市内中心部に近づけば、近づくほど金額も高くなっていきます。

またハウスメーカーの建築条件つきになるとさらに金額が上がります。

 

積水ハウスの建築条件つき、市内まで15分程度、ショッピングモール近くになると40坪超えで土地金額が3000万円近くなります(^_^;)

 

そのため上記のことを満たす土地自体かなり少ないということです。

この中からある程度優先順位を考えなければなりません。

 

優先順位

 

僕自身が考えた優先順位1、2位は「平地」「駅近」です!駅近に関してはJRの近くがポイントです。

 

まず平地ですが、長い目で見ると高齢者になった際に徒歩で上がるのがしんどくなります。

坂道を登って鍛えたらいいという考えも正解だと思います。

しかし、不慮の事故、病気などで入院をした場合、下肢、体幹の筋力低下により、坂道を上り下りすること自体が行えなくなる可能性があります。

もし、骨折して歩行補助具を使っていたら?廃用症候群で車椅子生活になったら?

 

坂道を利用しての筋トレなんて行えない状況になります。

 

よって僕の場合は、「元気な時」を基準ではなく、「自分の体が悪くなった時」を基準にしました。

実際体調が悪くなってしまったら平地でも生活がしんどくなるのはあまり変わりませんが、施設入所に頼らず出来るだけ家で生活しようと思えば平地で移動しやすい状況がいいと思います。

 

駅近も上記の理由と一緒ですね。体調が悪くなった場合、自動車の運転は難しくなります。

病院への通院も公共交通機関になります。

 

また駅近であれば、子供の通学の幅も広がると考えてます。市内中心部であれば学校の選択肢も増やせるんですがね(^_^;)

 

今の年齢だけでなく、自分自身が老いた時、パートナーが老いた時、子供が大きくなった時を考慮して土地選びをすることが大事だと思われます

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コメントを残す

CAPTCHA